ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.10.11 08:58日々の出来事

中四国ゴー宣道場、意義のある道場になった

岡山での2度目の「ゴー宣道場」だった。

去年は小規模での開催だったが、特筆すべきは、
今年の応募者は去年の倍だったことである。
新規の参加者は20%強だった。
岡山という地方都市で、コロナ禍での開催で、
皇統問題という生活感から離れたテーマで、
よくこれだけの人が来てくれた。

眞子さまと小室圭の結婚を妨害しようとする
居丈高な小姑大衆と、小室圭へのバッシングで
女性宮家論議を潰そうとした竹田恒泰ら
男系タリバンの暴走が、ついに眞子さまの
PTSDを発症させてしまった。

我々「ゴー宣道場」はずっと小室氏を擁護する
立場を取ってきた。
眞子さまの幸せを願ってのことだ。
眞子さまの婚約者がゆえに、小室氏も反論権を
失っている。
反論権がない皇族を延々と執拗にバッシングする
卑怯非道な輩には、我々が鉄槌を下すしかない。

その覚悟を固めて、あらためて愛子皇太子の誕生と
女性宮家の創設を目指す決起集会として、岡山での
「ゴー宣道場」を開催した。
とても意義ある道場になったと思う。

そして、今後、愛子皇太子誕生に向けて、
「ゴー宣道場」で皇室をテーマに議論する機会を
増やそうと、わしに決意させてくれた重要な日となった。

世論を変える!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ