ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.10.11 11:04日々の出来事

マスクするのは病人と花粉症の者だけ!

昨日の場外乱闘は30人超だったが、門下生がわしが
ジントニックが好きだと知っていて、美味いジンを
用意してくれていた。大工医者が気が効く。
ちぇぶの声がデカくて飛沫飛ばしまくりだ。
マスク信者なら卒倒するだろう。

「ゴー宣道場」ではマスク信者を差別しない。
それは昨日のゲストへの配慮でも分かっただろう。
そっとしておくのだ。
だが場外乱闘ではマスクは許さない。
差別するのである。
門下生はこの2年間、場外乱闘では必ず酒の出る
店を予約して、毎月、酒宴の大騒ぎをしていた。
もちろん一回も感染者は出ていない。

昨日はちぇぶが帰ったら、遠い席で
男(三味線じゃないなら誰だ?大工医者か?)の声が

もっとデカくて、その周囲がぎゃーぎゃー
笑い狂っている。
こんな所にマスク信者が来たら、心的外傷を
発症してマスクを皮膚にぬいつけてしまうだろう。

マスクは患者だけがつけるもの、しかし患者は
家で寝ておくのが原則。
外でマスクしている奴は、患者だが用があって
やむなく外出した者、そして花粉症の者
くらいである。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ