ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.11.4 08:42日々の出来事

第101回「中四国ゴー宣道場」アンケート回答2です

第101回「中四国ゴー宣道場」アンケート回答の2です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆皇室の方々も人間であり、心をおいていってもふみ
にじってもいけない。
天皇という制度や身分ではなく、天皇陛下の生き方
そのものが天皇なのかな、と思った。
バッシングする人や、男系派の奴らは、そもそも人間の
常識が無いと思う。
(愛知県・47歳女性・小売店店員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全くそうです。「常識」がない。
皇室を語るとき、天皇陛下よりも俺さまの方が皇室を
知っているというもの凄い上から目線の態度なんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆揚げ足を取るのは簡単だ、皆で頭を使って作り上げ
なければならないというよしりん先生の言葉が印象に
残った。
高森師範の本は読んで来たが、怒りと熱意のパワーが
すごく、生で聞けて良かった。
矢部先生の話を聞いて思い出したのが、甲子園の
グラウンドを追い出された女子マネージャーと、
相撲の土俵でたおれた人を助けようと土俵に上った
女性を放送で注意した事件です。
あれは女の人はやる気なくすだろうなーと思った。
(滋賀県・45歳男性・製造業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
男尊女卑は常に意識できるような客観性をまず持つ
しかないね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆新ゲストの意見に頭にガンと一発、雷を喰らった
ような感を覚えた。
女子に生まれた為に、いわゆる「お世継ぎ」ではない
内親王殿下が、完全なる男社会と規定された空間で
「根なし草」のように公務をこなし、結婚したら、
言わば叩き出されるように民間人にされてしまう、
女性皇族の方々からすれば、ご自分の運の悪さを恨み
たくもなるような、残酷な皇室典範など、
改正すべきと痛感する。
(大阪府・53歳男性・流通自営、ゴルファー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全くそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林先生の「片翼の伝統」に笑いました。
「くるくる旋回して落ちる」って(笑)、
彼らは右派や尊皇派の顔をしてますが、男系派は
皇室を滅ぼすので、生えている「片翼」は
「左から」でしょうね。
(京都府・46歳男性・自営業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うまいこと言うな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆側室制度がなくなった時点で、男系天皇の続行は
できないことがなぜ理解できないのか不思議で
なりません。
女系天皇をみとめないかぎり皇室じたいほろびると
思います。
それより先に、天皇家にとつごうと思う女性・男性
ともにあらわれるかも心配ですが。
(岐阜県・61歳・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奴らは想像力が全くないからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆天皇・皇室のことを知ろうと勉強している小林先生と、
知ろうとしない男系原理主義者(タリバン派)と、
どちらが現実を受け入れるのか、常識があるかという話
です。
一旦常識を失うと荒唐無稽なことばかり言い始めるのは
コロナ脳そっくりだと感じました。
(奈良県・47歳女性・介護支援専門員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「常識」は暗黙のルール感覚だからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆倉持師範ありがとうございます。
「男系」の声の大きさ、影響力の背景は私も疑問に思い、
質問したかった内容です。
最終的に誰も得をしない「男系」にどうしてこだわるのか?
実現・継続不可能という点で「ゼロコロナ」と
「男系原理主義者」はつながっているように思います。
(大阪府・47歳・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頭が悪くて本気で分からないというのもあります。
やっと分かった知識が「男系ガ――――」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆和気あいあいと、補い合いながらお話しくださる
講師の方々、いつもこうやってにこやかに、でも時には
戦う姿勢で、それぞれの持ち場で言論して来られたの
だなァと、先ずは有り難くこの場で見せて頂きました。
(大阪府・50代女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
優しい感性の人だな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆愛子さまの「海の診療所」の話に「孤独」が隠され
ているという視点は気づかなかったです。
私はそのような状況が起きたら、自分が生きてゆく
だけで精いっぱいで、今の生活もそのようなものですが、
おおやけを体現する立場の人の覚悟が感じられました。
加えて安倍氏の「カミカゼ」発言にはあきれてしまい
ました。そんな籤運のようなもので人間の人生を左右
されてたまるか、と感じました。
(神奈川県・56歳・清掃業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「かみかぜ」頼りとはねぇ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆矢部さんの自分の実体験をもとに分析された
女性皇族への現状は男の自分でも胸につまされました。
「女性」というだけでイロモノ扱いされ、存在も認め
られない日本の社会は異常で、女性の地位向上を
訴えながら女性皇族には目もくれない現状に、
日本は天皇陛下をいただく資格はないと考えます。
自分たちがしなければならないのは皇位継承の解決
ではなく、愛子様と佳子様、悠仁様の皇室からの解放
こそ急務ではないでしょうか。
(東京都・43歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうも言いたくなりますが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次は「オドレら正気か?大阪LIVE」のアンケート
回答ですね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ