ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.11.15 10:31お知らせ

日本の患部は新型コロナの「2類相当扱い」!「オドレら正気か?新春LIVE」参加者募集中!!

参加応募締切間近か?
申し込みを見送ったら後悔しますよ!
1月8日開催「オドレら正気か?新春LIVE」の
お知らせです!!

 

 

公論サポーター関東支部の れいにゃん です。
突然ですが、ギリシャの劇場遺跡の地下では、手術道具が発掘されるそうです。
病院で、不調を訴える患者を診察したら、まずはあなたには喜劇を、あなたには悲劇をと振り分けて観劇をさせて、それでも良くならない場合は手術を施したのだとか。
古代ギリシャでは、劇場は病院でもあり、舞台芸術は治療の一環であったわけですね。

コロナ禍で的外れな〝後遺症〟騒動がありましたが、これなどは喜劇やお笑いが効くかもしれませんね。
イライラや不安を抱え込みやすい人は悲劇を観て涙を流すと良いかもしれません。
こんな大事な尊い表現の場を、感染対策の名の下に自粛させてきた日本。
うつ病の発生や自殺の増加は、起こるべくして起こった、喜劇が招いた悲劇と言えないでしょうか。
俳優やエンターテイメントに携わる人こそ、不要不急ではない、医療に匹敵する仕事をしているのだと、誇りをもって欲しいものです。

そして、そんな「自粛」を強要する異常な日本社会に、作品を通して『否』を突き付け続けている小林よしのりが、
年明け早々、知のエンターテイメントをお届けします。

まさかまさか、二年も繰り広げられた
コロナ・インフォデミック
コロナ・パニック
コロナワクチン全体主義
これ以上続けては、日本社会は手の施しようがない事態に陥ってしまいます。
日本の患部は新型コロナの「2類相当扱い」です。
今度こそ、ここを直さなければいけません。

小林よしのりは『コロナ論』という作品の発表に加えて、コロナ禍で本来の劇場の役割を担うべく、ゴー宣道場を開催し続けてきました。
そしてニコニコ動画を飛び出した「オドレら正気か?」で、泉美木蘭とゆかいな仲間たちと一緒に日本社会の診察を行います。
国民の皆さんは宗教や治験中の「おくすり」に手を出す前に、是非、お申込みください。

「オドレら正気か?新春LIVE-あばよコロナ!5類に下げろ-」
■日時:令和4年1月8日(土)13:00~
■場所:東京都内
■参加費:2,000円(小学生以下は無料)
■応募〆切:定員を越え次第、締め切ります。
お申し込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/
※今回は「オドレら正気か?」です。「門下生証」をお持ちの方も応募が必要になります!

 

ここからはグッズの紹介です。
冬は風邪をひいて当たり前。そんな時、首に巻いて貴方を癒しながらも鼓舞してくれそうな
「大東亜論タオル」がオススメです。

税込み2,000円

 


 

今朝の通勤途中、
「マスクしてください、マスクしてくださーい!」
というオバサンの声が聞こえてきましたが、
無視して自転車かっとばしてきました。
顔ははっきり見えなかったけど、
きっとあのオバサン、
相当に日常が面白くないんでしょうねえ。

コロナ脳・マスク脳には薬もワクチンも効きません。
これを予防し、治療できるのは
ゴー宣『コロナ論』シリーズであり、
「オドレら正気か?」です!
参加ご応募、お待ちしております!!

 

 

トッキー

次回の開催予定

第102回

第102回 令和3年 12/5 SUN
14:00

テーマ: 「日本人大劣化現象」

INFORMATIONお知らせ