ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.11.28 22:56日々の出来事

本場・まんぷく道場!!!

都内某所。
イルミネーションがきらっきら輝く街中の
ハイセンス&ゴージャスなフレンチで、今日は師範のディナー会でした。
皇室の問題や次回の道場、そして来年の道場の話などしながら
すこぶる美味なお食事を堪能いたしました♪

どれも手が込んでいて、ひとしきり眺めるだけで楽しい。
味わってみて二度楽しい!!!

あああ、今見てもヨダレが出るなあ。
むちゃくちゃ感動したのは、ホタテとほうれん草のなんちゃらかんちゃら。
マッシュルームの香りが本当に豊かで、さらに
トリュフがふわっと、ほわっと、かぶさっちゃったよ。
個室内がトリュフの香りで充満するという贅沢空間。
あとメインの真鱈の軟らかさにも驚いたな~~~。
食後のチーズもつい頼んでしまったし、
デザートも重すぎず、やさしい甘さに包まれたし・・・
ううむ、この素敵さを表現するにはボキャブラリーが足りません。

ともかく今日は、目でまんぷくになってくださいまし!
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ