ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.12.6 16:33日々の出来事

「ゴー宣道場」と忘年会

昨日は「ゴー宣道場」開催前の笹さんが、隊長会議を
上手くまとめてくれたことが大変ありがたかった。
道場本番を駆け抜ける体力を温存できた。

「ゴー宣道場」は倉持氏が日本の状況を的確に把握
できる基調講演をしてくれて、とても勉強になった。

なんと言っても高森氏の「ロジックは有効である」という
演説が白眉で、感動すら覚えた。

忘年会では、レストランを貸し切りで30名か40名かの
大宴会となり、すごく美味いビールを飲んだ。
大工医師の選ぶレストランや酒は間違いがなくて、頼り
になる。妻も呼べば良かったのだ。

公論サポータの諸君がみんな可愛くて、
年を取った自分を自覚せざるを得なかった。

わしの『東大一直線』から、『おぼっちゃまくん』から、
自分で何を描いたか忘れてしまった作品まで、収集
している者がいて、「これはわしの作品の派生物か?」
という奇妙な感覚に陥った。

20歳の弁護士を目指す若者は、小学生の頃、『戦争論』
を読んでわしのファンになったらしいが、聡明で期待が
膨らむ。

特別に参加してもらった着物女性は、某重要人物との
連絡係で、「ゴー宣道場」の楽しさをアピールしてもらう
ために呼んだ。

新潟隊長はベティちゃんみたいで、犬コロみたいに
コミカルにじゃれついてくるので、愉快で可愛い。

岡山隊長は福岡dai隊長と連携してやってくれ。
来年は隔月で「ゴー宣道場」を入れているが、それ以外の
イベントだって入れるかもしれない。
来年は来年の特殊な出来事があるかもしれず、公論
としてのイベントは他にも開催するかもしれない。

総合Pは当選メール配信のシステム化に全力を傾注し、
企業でも使用しているレベルのものを導入できるようだ。
これを手伝ってくれた門下生もいて、一人ひとりが能力を
持つ凄い個人がいて、頼もしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ