ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2021.12.7 10:21日々の出来事

余命がない?

わしは「ゴー宣道場」の開催は、入場料×人数=会場費
になるようにしてくれと初期の頃、門下生に言っておいた。
その範囲内で門下生が会場を見つけて、よしりん企画で
予約していたからプラスマイナスはとんとんで、赤字分は
こちらが負担していた。

ところがコロナ禍で、入場人数が減らされ、赤字が出る
ようになった。
そもそも会場費1000円では、選ぶ会場があまりにも
狭められる。
そこで総合Pとボンのコアラ企画が入場費を1500円に
上げた。
それでもコアラ企画は会社自体を立ち上げた直後で、
必要経費がかさみ、現在赤字になっている。

地方の公論サポーターに言っておきたいのは、基本は
入場料×人数=会場費で開催できるはずということだ。
岡山では来年はやらないが、予定していた会場は豪華
すぎて、赤字が出るのではないか?

師範の交通費と宿泊費、ゲストのギャラは、よしりん企画が
負担している。
「ゴー宣道場」地方開催は師範ら一家引き連れての遠征
になるから、こっちの方が会場費よりも費用が大きい。
それは「ゴー宣道場」のニコニコ動画の収益で賄っている。

何をやるにもカネだ!この世の沙汰は金次第だ。
だから総合Pはボランティアなのに「仕事」と表現する。
来年はコアラ企画を赤字にしてはならない。

そしてわしは来年、皇統問題で相当の覚悟をしている。
来年、世論を徹底的に盛り上げなければならない。
わしもすぐ70歳になる、余命がないんだと言うと、
ちぇぶは「そうだね。確かに急がなければ!先生の余命を
考えると、私が怖いなんて馬鹿馬鹿しいよ。私が見せて
あげるよ愛子皇太子を!」と、息巻くが、わしはあと3年で
死ぬと思っている。失礼な奴だ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ