ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2021.12.17 11:02お知らせ

こんな未来にしないためにも、1月8日「オドレら正気か?新春LIVE」を見よう!

来年第1弾!
といっても、あと3週間後!
1月8日開催「オドレら正気か?新春LIVE」の
お知らせです!!

 

 

皆さまこんにちは! 公論サポーター関東支部の くろ と申します。

今年もいよいよ残りわずかとなってきました。
そのような中、昨年から続いているコロナ禍の現状を見ていると、私は日本の将来を以下のように妄想してしまいます。それは・・・

「22世紀になると、地球外生命体の異星人が地球支配を目論んでやってきていた。
その名はインフル星人。
インフル星人は毎年冬になると、人知れずやってくる。
そして、弱い人間(老人、子供)を狙って襲いかかってくる。
人類も黙ってやられているわけではなく、対インフル星人地雷を開発し、いたるところに敷設している。
これはインフル星人だけに反応して起爆する地雷である。
しかし、その効果もむなしく、日本でも毎年10,000人以上がインフル星人によって殺されていた。
そんな状況が続いた中、突然インフル星人に代わってやってきたのが、コロナ星人だった。人類は未知のコロナ星人に恐れおののいた。
しかし、インフル星人と違っていたのは、子供を殺さないという点だった。
それにも関わらず、人類は十分な検証もしないまま対コロナ星人地雷を開発し、それらを日本は大量輸入した。
ヤバイサー社、マダウレルナ社、ヤッパリゼニカ社の対コロナ星人地雷は、明らかに欠陥品で、コロナ星人だけではなく人類にも反応して爆発した。
その結果、1,000人以上の日本人が死亡し、負傷者に至っては正確な数もわからないほどだった。
しかし、日本人は『起爆したのは近くにコロナ星人がいたからだ』とか『一度負傷すれば、二度とコロナ星人から襲われない』などと繰り返し、地雷を敷設し続けた。

実は、コロナ星人に打ち勝つのはそれほど難しくなく、自ら立ち向かう精神を持てば誰でも勝てるのだった。しかし、日本人は、自ら戦う精神を忘れていた。」

今の日本人に決定的に欠けているのは自ら戦う気概ではないでしょうか。
こんな未来にしないためにも、「オドレら正気か?新春LIVE」「あばよコロナ!5類に下げろ」をニコニコ生放送で視聴しましょう!
https://live.nicovideo.jp/watch/lv334908466

きっとコロナだけではなく、こんな世の中にしてしまった日本人の暗黒面と立ち向かう勇気が湧いてくるはず。

 

そして、戦う精神を奮い立たせるグッズの紹介です。

大東亜タオル、税込2000円です。
「天下の諤々は、君が一撃にしかず!!」
明治の熱い男たちの顔を見て、戦う精神を奮い立たせましょう!

 


 

このコロナ騒動、後世の人の笑いものに
なっていればまだマシで、
ワクチン禍の結果次第では、
我々は後世の人々の大変な怨嗟の的と
なっているかもしれません。
それを避けるためにも、5類に下げろ!
5類で「インフル程度」にしてしまえば、
ワクチン圧力もなくなります。
これは緊急の課題です!
日本の将来のために特に重要となる
「オドレら正気か?新春LIVE」に
ご期待ください!!

 

 

トッキー

次回の開催予定

第103回

第103回 令和4年 2/13 SUN
14:00

テーマ: 愛子天皇の理由

INFORMATIONお知らせ