ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2022.3.8 16:39

試験管内では6時間でDNA逆転写

ファイザーmRNAワクチンによって、
逆転写酵素の発現が増加し、

6時間でDNAに逆転写されているというのは、
「人間の体内で」ではなくて、
実験用の肝がん由来細胞株を用いた試験管内での結果。
ライジングではそのように書いているつもりですが、
論文の内容をうまく伝えるのは
難しい。
配信されたら読んでみてね。

いずれにせよ、
「DNAに逆転写されることはない。だから安全だ」
と断言されてきたことについて、
最初から「いや、あり得るだろう。大丈夫か?」
と危惧してきた人はいて、
このたびの試験管内の実験において、やはりそのような
現象が見られたということです。
そして、mRNAワクチンでは、がんなど中長期的な副作用は
まったくわかっていません。

「mRNAは数日で消失する」もウソだったことが、
スタンフォード大学の研究で明らかになったし、
▼2/15配信の記事に書いたのでお読みください
https://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar2080465

なんの根拠もなく「安全だ」と言い続けて、
「安全」をすっ飛ばして「安心のために」とまで言って、
mRNAワクチンの危険性を指摘する人々を「デマ」と断定し、
意見を封殺してきた政治家、医療活動家こそが、
とんでもないデマを飛ばしていたということが、
今後、続々と明らかになるでしょう。

なにしろ、mRNAワクチンは、世界最大の関心事の1つで、
好奇心旺盛な研究者たちが、各地で様々な角度から研究を
している真っ最中。がんがん研究予算もつく分野でしょう。

世間の注目がウクライナ一色のときに、
ミクロの決死圏的な世界の論文を必死で読んでいると、
置いてけぼりになったような気分ですが、
将来、とてつもなくワールドワイドな薬害事件となる
においが日々ぷんぷんしてきているので、
今後も追跡したいと思います。

それはそうと、
確定申告やら、日々の締め切りやら、本のライティングやらで
余裕がありません…。
なにしろ税金の計算は、いちばん苦手です…。
胃もたれします…。

病院行きなさいと言われるんだけど、
何年か前に、似たような症状で胃腸科にかかったら、
鼻の穴にキシロカインゼリーをびゅばばっと注入されて、
胃カメラをずごごごごっと突っ込まれ、
「っごごぶぉあくぇgなおんkg;を
ごじzんmうぇちおでわぁ!」
みたいなことになって、
挙句、
「何も問題ないきれいな胃ですね~。ぷるぷるしたピンク色です」
とほめられて、殺気覚えたことがあるので迷っています。
もしかして、必要ないのに、アタシの可憐な鼻の穴に、
カメラ突っ込んだんちゃうか!?
みたいな気分になったよね~、あれは。
PCR検査の綿棒やったことないけど、
あれはそれどころの苦痛じゃないと断言するよ。

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ