ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.4.5 16:03ゴー宣道場

5月ゴー宣道場に向けて!倉持 麟太郎師範のインタビュー!

第105回ゴー宣道場締切直前
各師範インタビューシリーズ、
本日は倉持師範です!

 

ちぇぶでーす( *´艸`)
門下生が恐れおののき、破壊したくなっちゃう、恐怖の女王ちぇぶPでーす❤
本日は倉持 麟太郎師範に電話インタビューした内容をみなさんにお届けしまーす!

★倉持 麟太郎師範のインタビュー★

「9条によって軍事のことを議論することがタブー視されてきた」と倉持師範は問題を提起くださいました。
例えば、9条があるから大学では、研究内容によっては制限されることがあるというのです。
理由は「軍事転用の恐れがあるから」と。

「よしりん先生もそうだと思いますが、私も、平和を望んでいる」とおっしゃる倉持師範。
「平和のために軍事の議論をしなければならなかったのに、護憲派と改憲派がちゃんと議論をしてこなかったのです。
9条をお札のように掲げて、日本を、大事な人を、守れるわけではない」と。

「この国のオトナは、危機、有事が起きることを考えないようにしてきた。
このことはコロナのこと、皇統のことにもつながりますよね。
いまだにマスクをしているってどういうこと?しかも屋外で!
皇統問題だって見て見ぬふりをしているだけです」

「タブー視して、議論しないことがオトナの知恵と言われてきた。
5月ゴー宣道場では一つ一つ解き明かしていきたい」
と強い意気込みを示されておりました!

「憲法に違和感がある方は、その違和感を言語化してあげます!」と断言!
「全てわかりやすく説明します」と!
おおー!これはめっちゃくっちゃすごいぞ!!面白そう!!

当日は、倉持師範がパワーポイントで作成された憲法に関する資料を、一人一人に配布してくださるとのこと。
何か書かれているのか読みたいですね!楽しみです!

最後に。私は倉持師範のこの言葉が強く印象に残りました。
「9条、憲法を変えるにしてもどのように変えるのかを真剣に考えないと」
「政治家、専門家だけの問題ではない。国民みんなで考えたい」

【第105回 ゴー宣道場】
■テーマ:『愛子天皇とコロナ禍、憲法の弱点!』
■日時:令和4年5月3日(火・祝)14:00〜17:00
■ゲスト:宇野常寛氏(評論家)
■場所:大阪市内 ※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:2,000円(小学生以下は無料)
■応募〆切:4月10日(日)
応募フォームが新しくなりました。
こちらまでお申し込みください↓
https://www.gosen-dojo.com/schedule/
アクセスする前に、ブラウザの履歴の消去をお願いいたします。
消去後、応募フォームが正常に動きます。

 


 

ウクライナの状況を見て、ようやく
「危機や有事はありうる」と思った
なんて声も聞こえてきたりしますが、
だったら徹底的に真剣に
考えなきゃしょうがない!
応募締切間近です!
是非ご応募ください!!

 

 

トッキー

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ