ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.5.9 10:19日々の出来事

浜矩子は狂っている

AERAという雑誌で、浜矩子が改憲派を「ウクライナ
便乗型」と言って、非難している。
便乗してるのではなく、世界は「帝国主義」に戻る
危機を迎えているから、改憲が急がれるというだけ
のことだ。
その改憲の質に関して「自衛隊明記」なんて小手先
の誤魔化しでいいのかという問題はある。

驚くべきことに浜矩子は、憲法前文の「日本国民は
(中略)平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼
して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」
「いつ読んでも、この決意表明には胸が打ち震える」
と絶賛している。

狂っている。一切現実を見ないこの感覚は間違いなく
狂っている。
「プーチンが狂っている」と言うと、「プーチンは狂って
ない、合理的判断だ」と言うヒョーロンカがいるが、
その判断がまったく合理的ではないから、狂っている
と表現してもいいのだ。
浜矩子も同じだ。現実を全く見ないで、憲法前文に
感動しているその感性が狂っているのだからどうしよう
もない。

ここまで狂った現憲法信者に論理は通用しない。
「信者」という言葉は非論理的で感情だけで妄信する
輩にこそ使うもので、論理が全く通用しない馬鹿には
「狂っている」と表現してもやむを得ないのだ。

とにかく論理が通用しない。科学も通用しない。
たかがコロナを極限まで恐れて、ロシアを恐れない
という極限馬鹿をどう処理すればいいのだ?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ