ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.5.10 09:42日々の出来事

リベラルとサヨクの区別は何なのか?

〇今日配信の『小林よしのりライジング』で、泉美さん
が書いてくれた「論理なし・科学なしの不思議な
医療ライターからのご反論」が見事だ。
反論しつつ、コロナ禍のペテンを見事に暴いている。
この論考は実に凄いので、ライジングの外へもっと
拡散する方法を考えなければならない。

〇今日は『よしりん辻説法』の画稿締め切りだ。
7pがまだ来ていない。
昨日指摘した修正箇所が出来たら、送ってくれ。

〇わしは今日から「ファクターZ」の作業を始める。

〇ウクライナ戦争が始まって、日本のリベラル粉飾
のサヨクが、「ゼレンスキーを英雄扱いするな」とか、
「善悪二元論で語るな」とか、「アメリカも悪い」とか、
子供じみた価値相対主義を主張している。
宇野常寛氏も言っていたが、やはり「リベラル」の
正体は「サヨク」だったということに落ち着くのか?
思想の仕分けをもう一度、行なった方がいいのかも
しれない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ