ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.5.26 17:05日々の出来事

「北海道ゴー宣道場」参加応募者、現在たった55名

7月10日(日曜)、「北海道ゴー宣道場」、テーマは
『女性天皇と女系天皇は違う?(はてな)』
である。

さすが北海道、わしのスタッフ・トッキーが「君が代を習った
ことがない」というほどの左翼の土地柄らしく、さっぱり
参加者が集まらない。
告知開始して、1週間でたった55名だ。
総合P・ちぇぶは、告知文自体が集まらないので、あと
1週間経って人数が倍に増えなかったら、その後の告知文は
「コアラ企画」がやるとキレてしまった。

北海道でも、コロナ禍がテーマのときはあっという間に集まっ
たのに、天皇がテーマになった途端に、参加者が北海道
以外の県民からばっかりだ。

わしは「十番勝負」以降、さらに愛子天皇誕生への意欲が
パワー・アップして、全国各地で皇室論を深めながら、
12月4日の「関東ゴー宣道場」には、「関東ゴー宣道場」
隊長・ボンの要望通り、500人規模の大会を開いてやろう
と思っている。

その頃には「SPA!」『ゴー宣』でも、「愛子天皇論」の
連載が始まっているだろう。
怒涛の進撃を始めねばならない。
みんながわしの気合いと勢いについてくれば、
愛子皇太子の誕生に繋がるだろうし、ついてこなければ
皇室の消滅を待つだけの年月が過ぎていくだけだ。

愛子天皇誕生を願うサポーターたちは、各自、男系カルト
と戦闘して欲しい。
ウクライナよりは楽な戦争ではないか。
わしは戦う覚悟のない奴は信じない。
「十番勝負」以降、わしの意識はさらに戦闘的に変化した。
今に見ていろよ!

さあ、諸君!「北海道ゴー宣道場」、に応募するんだ!
皇室消滅を容認するのか?
熱くなれない奴は何やったって、タンチョウに老ける
だけの人生で終わるだけだ。
北海道にいるタンチョウ鶴がおまえをさらって連れて
行くぞ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ