ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.5.28 09:11日々の出来事

ゴジラに踏みつぶされる人々の気持ち

『よしりん辻説法』のコンテを描いている。

秘書みなぼんはCGで「ファクターM」の仕事をやっている。
来週火曜は第5週なので、ライジングは休みだから、今の
うちにCGを進めておいて欲しい。

「ファクターM」は現在、チーフ広井とポカQがチビチビと
進めているが、連載の締め切りに追われて、あまり進んで
いないようだ。
困った。どこかで「ファクターM」週間みたいな日々を作る
べきなのだろうか?

30日(月曜)が『ゴー宣』第165章の画稿締め切りだから、
スタッフは追い込みに入っているだろう。

北海道の門下生に対して、総合Pが厳しい指導をした
らしくメンタルをやられた者が続出のようだ。
またかという感じ。
なにしろ藤井氏にまで容赦ない言葉を放つ女だから、
一般市民は耐えられないのかもしれない。
しかし笹さんに駆け込むのはどうかと思う。
職員室に駆け込むんじゃなくて、直接、総合Pに文句を
言うべきだと思うのだが、それが出来ないほどに恐い
存在なのだろうか?
「ゴジラ」は凄いんだけど、踏みつぶされる人々の気持ち
を考慮したら、サヨクになってしまって、ゴジラの魅力が
失われるからなぁ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ