ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2022.6.15 11:04皇室

『女性自身』の愛子さま記事

『女性自身』6/28号にこんなタイトルが踊っている。

雅子さま暗然・・・
「愛子天皇で皇室は滅ぶ」
異色皇族が再びの”驚”予言!

読んでみると、異色皇族とは予想どおり
ひげの殿下こと三笠宮寛仁さま。
かつて福祉団体の会報に連載されていた文章が
一冊の本にまとめられ、それが波紋を呼んでいるのだという。
記事は寛仁さまの主張を紹介。

「『女系』を認める事は、婿殿の血族をも認める事で、
(中略)神話時代の神武天皇以来、連綿と続く、
『万世一系』が途切れた皇統を尊重してくれるか
甚だ疑問です」

しかしこれに対して、眞子さんバッシングの常連、
小田部雄次氏が至極真っ当なコメントを寄せている。
曰く、
・126代の今上陛下までの系図が確定したのは
明治以降のこと
・初代の神武天皇も天照大神の子孫
・神武天皇から何代目までかは実在しなかった
という学説あり
→万世一系で男系が維持され続けてきたという論拠も
崩れ始めている。

そして、愛子さまと旧宮家男系男子との結婚を
男系原理主義者が主張していることに対し、
「男系を維持するために、愛子さまの人生を
犠牲とするようなことは、国民の1人として
絶対に避けるべき」
と述べている。

全くその通り!!!

寛仁さまはかつて、「人格否定発言」をされた
皇太子(当時)に、詳しい説明を求める手紙を
出されたこともあるという。
そしてまた、
「男系維持派が寛仁さまのご主張を
”皇室全体のご意見”と飛躍させて
利用していく可能性も高い」
と危惧する宮内庁関係者のコメントも載せている。

記事自体は、男系原理主義者のいびつな主張に
疑問を呈する形で展開されている。
が、確かに寛仁さまの著書を男系派が
「錦の御旗」にする可能性はある。

寛仁さまの著書、読んでおくかな・・・。
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第106回

第106回 令和4年 7/10 SUN
14:00

テーマ: 女性天皇と女系天皇は違う?(はてな)

INFORMATIONお知らせ