ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.7.19 07:50日々の出来事

安倍銃撃事件の犯人はネトウヨだった

安倍元首相銃撃事件の犯人が実は安倍氏の功を評価
するネトウヨだったというオチは実に面白い。

ネトウヨ保守(自称保守界隈の言論人を含む)は、
誰も彼も「安倍元首相を批難し過ぎていた左翼のせいだ」
と言っていたのに、全員間違っていた。

こういうこともあるから、単純なポジショントークは
止めた方がいいのに、三浦瑠麗や東浩紀も福島瑞穂を
上から目線でバカにしている有り様だ。
福島瑞穂が言った「統一協会」という言葉は的中だ。
三浦瑠麗らは謝罪した方がいい。

しかしわしも「統一協会」だとすぐに感づいたが、
明確になるまで名前は出さなかった。
わしが慎重なだけで、早々に名前を出した福島瑞穂は
当たっていたんだから、非難されるいわれはない。

ネトウヨ保守と安倍マンセーリベラルは、安倍の功罪
など考えられはしない。
「権威主義」なんだから、安倍は全面的にマンセーな
だけだ。
安倍の死によってついに「安倍マンセー教」が完成した
ようだ。なにしろ「国葬」なんだから。

国葬なんて、わしにとってはどうでもいい。
ただ、サイレンが鳴っても、黙とうはしないだけだ。
天皇崩御じゃあるまいし、鳴り物禁止令は止めて欲しい。
東京12チャンネルに期待しよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ