ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.7.21 10:04日々の出来事

コロナ恐怖症に罹患中の日本人

またコロナ煽りが始まった。
朝日新聞も感染最多15万人と一面で煽っている。

久しぶりにデータを見てみると、全国の陽性者数は
7月14日くらいをピークに減少に転じている。

全国の重症者数は176名で、他の病気の重症者の
方が圧倒的に多いはずだ。
全国でたった176名の重症者なら、ほとんど治るだろう。

新規の死亡者は33名、80歳以上の老人ばかりだろうし、
全国でならそのくらい人は死んでいる。
人間は不死身じゃない。
全国の実効再生産数は1・18、これも減少に転じている。

東京の陽性者数も7月14日くらいがピークで、その後、
激しく減少し始めている。
重症者はたったの19名だ。なんという少なさ!
死亡者数は0名!
0名とは1人もいないということだが、モーニングショー
は0名の意味が分からないのだろう。
玉川徹はいっぺん紙に丸い円を描いてみて欲しい。
それが0だ!
じ~~~~~~~~~っとその丸を見つめなさい。
それが0だ!
実効再生産数は1・18、減少している。

医療崩壊の危機があるのは、風邪ひいただけでも恐怖で
病院に行きたがるからだ。
日本人はコロナを恐怖する心理が強すぎて、日本だけ
たかが「オミクロン風邪」で病院に殺到する。
これは日本だけだ!

外国ではPCRもやっていないし、オミクロン風邪くらい
自宅療養で治す。誰もマスクはしていない。
日本人だけが「コロナ恐怖症」に罹っているのは、
マスコミが煽り過ぎたからだ。
これは「報道被害」なのである!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ