ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.7.21 11:10日々の出来事

名古屋の「ゴー宣道場」は予定調和を徹底的に防ぐ

9月11日(日曜)の「東海ゴー宣道場」は、第一部から、
全面的に「愛子天皇-質疑応答大会」にする!

皇統問題は実に詳しく分かっている人と、まったく初心者
の人がいる。
まったく初心者の人に分かるように話さないとダメだ!
そっちの方が多いんだから。

もちろん男系派もいるんだが、ほとんどキ印の人のようだ。
中でも酷いのは、愛子さまは伴侶が見つからないから、
子供を産めないと決めつけ、悠仁さまには伴侶が来る
から、子供が産めると信じ込んでるキ印が未だにいる。
この感覚自体が男尊女卑なんだが、本人は全く気付かない
だろう。

相手が天皇でも、恋をする男は出てくる。
伴侶が出てくる確率は、今や男女一緒だ。
いや、「男を生まなきゃならない」という縛りがある
以上、女の方が皇室入りを避ける可能性が高い。

だからこそ、女でも男でも子供が生まれたら、その子に
皇位継承権を与えていいという「双系」を我々は主張
しているのだ!
女がえら過ぎたら、男は避けるというのは、古すぎる!
男が女より上でなければならないというシナ男尊女卑の
感覚は今の若い人たちには通用しない。

だが、男系派のような「タコ壺満足議論」にだけは
ならぬように、あえて名古屋では、「質疑応答大会」
にしたいのだ。
スリルのある議論にしたい。

開催時の突発的な事件も無視してはならない。
少しは愛子天皇から外れた質問でもいい。

9月11日の「愛子天皇-質疑応答大会」
現場のスリルを存分に味わって欲しい。
さあ、応募を急げ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ