ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.7.25 11:39ゴー宣道場

皇室が変われば、日本全体も変わります。9月11日名古屋開催ゴー宣道場参加者募集中!

ここでしか聞けないことを、質問してみよう!
そのためには、応募しよう!
9月11日名古屋開催ゴー宣道場、
参加申し込み受付中です!

 


 

皆さま、こんにちは。
公論サポーター東海の、みーたんと申します。

9月11日(日)、日本のど真ん中【名古屋】で、
東海ゴー宣道場が開催されます。

今回は、「愛子天皇-質疑応答大会」
第一部から質問を受け付けて、
「愛子天皇」ほか諸々の議論が展開されます!

「男系継承こそ皇室の伝統!」
と、旧宮家の男子を皇室へお迎えしようとしている政府の動き。

そこまでして男系男子に固執「させられている」皇室を見ていると、
何だか女性は、男子を出産するためにしか存在しないものとされているようで、
悲しく、辛く、寂しい気持ちになります。

中には「三人産めばいい」とまで言う識者もいますが、
一度、ご自身で出産を体験してみたらどうか!と言いたくなります。

私には三人の娘がいます。

長女を出産したときは、陣痛促進剤を三日間連続投与されました。
三日目の夜、私が危険な状態と言われた直後に、
お腹にいた長女の頑張りなのか、突如として普通分娩となり、なんとか出産しました。

三女のときは、慣れない海外での出産で、
あわや子宮全摘となる寸前の大出血。
生死を彷徨う危険な状態となりました。
もしかしたら、日本へは遺骨で帰国していたかもしれません。

女性はお産に命を懸けています。

「男子を産め」と迫る人たちは、何様のつもりでそんなことを他人に求めていらっしゃるのか?

女性に対する扱いが今のままで、皇室が続くことを想像できるでしょうか?

皇室が変われば、日本全体も変わります。

天皇・皇后両陛下のもとにお生まれになり、凛とした女性にご成長なされた愛子さまが、天皇になられる。

そのときを想像しながら、皆さまもご一緒に議論に参加しましょう!

皆さまのご応募、心よりお待ちしております。

【第107回 ゴー宣道場in名古屋】
■テーマ:『シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ 』
■ゲスト:宇野常寛氏(評論家)
■日時:令和4年9月11日(日)14:00〜
■場所:名古屋市内 ※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:2,000円(小学生以下は無料)
お申し込みはコチラから↓
https://www.gosen-dojo.com/schedule/

開催までのプチ情報配信中!
東海支部インスタアカウントです
↓↓↓
https://www.instagram.com/gosendojo_toukai
ポチッとフォローしてください

 

 

女性はお産に命を懸けているというお話、
聞くたびに頭が下がるばかりです。
これで「女児3人じゃだめだ、男子を産め」
などという者は「人でなし」としか
言いようがありません。
そんな人でなしが日本に、特に政権内に
ウヨウヨしていると思うと、
おぞましくて吐き気がします。
こんな日本じゃいけないと率直に思う人は、
ぜひご応募ください!!

 

 

 

 

トッキー

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ