ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.8.15 16:06日々の出来事

穢れタリバン・山口真由は味噌汁うんこの本で猛勉強して馬鹿になった

血穢・死穢はシナから入ってきた思想で、仏教も関係
しています。
律令制と共に、男尊女卑思想がシナから入ってきたの
と同じ頃ですね。
古代日本にはありません。
ようするに「男系」も同じ頃です。
「シナ男系主義」と言うのがやっぱり正確なんです。

フェミニズムを描こうと思った時、ボーヴォワールを
読んで、生理のことが気になり始め、血の穢れの観念
について調べてみたのですが、そのとき分かりました。
描くチャンスがなかったので、「愛子天皇論」を描く
とき、詳しく説明しましょう。

山口真由なんて受験勉強しかしてなくて、ものごとの
本質を掴む学問に興味を持っていないから、あきれた
ことに竹田の本なんて読んで、勉強した気になって
いるんでしょう。
その結果が「穢れタリバン山口真由」なわけです。
山口真由も倉田真由美も三浦瑠麗も、全然勉強して
いなくて、無知が服着てるだけの人たちです。

学歴秀才ってそんな奴ばっかりです。
わしは最近、学歴秀才が馬鹿ばっかりということを、
嫌と言うほど知らされて、庶民の方が賢いという保守の
思想をあらためて思い直しました。

ただし、「庶民」も最近は、テレビや新聞やネットの影響で、
「大衆化」してしまうから、どうやって元に戻すのか
がわしの仕事ですね。
ずっとそれをやってるような気もしますが。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ