ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.11.11 08:12日々の出来事

来年の挑戦「愛子天皇論」

『ウクライナ戦争論②』最終章のコンテを半分くらい
まで仕事場に送ったが、ここで中断せざるを得ない。
福岡から戻ったら、コンテの続きを描くが、ペン入れ
の準備も進めておいてくれ。

とりあえず2巻の準備を年内に整えて、3巻はさらに
描き方を変えようと思っている。

次は「愛子天皇論」を年末年始から始めて、来年は
毎週の勢いで描き進めようと思っている。
問題は皇位継承問題は簡単なんだが、観念論と法律論
が多く、これをクライテリオンのグループですら、
つまり学者や知識人のレベルですら、理解できない
ということだ。

男系固執した連中になると、双系論者の意見など、
読みたくない、読んでも分からないし、分かる必要も
ないというくらい凝り固まっている。

この風潮を変えるには、圧倒的にエンターティンメント
で描くしかないのだろうが、その徹底的に娯楽化する
というのが、超難しい題材でもある。
皇室を扱って、娯楽化するというのは、ほとんど矛盾
である。
気品や風格や厳かさは、漫画では無理と思えるが、
挑戦するしかない。

このままじゃ動かないし、皇室が滅ぶのだから、
どんな不可能も突破するしかないじゃないか!
「愛子天皇論」をいかにエンターティンメントするか?
わしにとっては苦しい苦しい挑戦だが、人々にとっては
楽しく愉快な読書経験になるような描き方を目指す。
それが来年の挑戦だ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN

テーマ: オドレら正気か?in岡山

INFORMATIONお知らせ