ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.12.1 16:11政治

コロナワクチン接種・我が家に「不幸の手紙」が来た!

昨日まで、
11月25日に衆議院議員会館で行われた、超党派議員連盟による
「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える」勉強会
の動画から、被害者遺族の訴えを文字起こししてお伝えしてきましたが、その間に我が家には、こんな「不幸の手紙」が届いていて、ゾッとしました。

まず、1回も接種してない人のためのペーパーをちゃんと用意して、送りつけてくるというのが、なんだか気味が悪い。

そして、それよりも意味がわからないのは、「オミクロン株対応ワクチンは、従来型ワクチンによる1・2回目接種が完了しないと接種できませんとしているところです!

従来型ウイルスはとっくにオミクロン株に取って代わられていて、従来型ワクチンなんか打っても何の意味もない(オミクロン株対応ワクチン自体も効果ないどころか、打った方が感染しやすくなるシロモノだが)のに、そんな無駄ワクチンを2回打たないとオミクロン対応は打てないというのです。

こんな露骨な「在庫処理」ってあるでしょうか?

人の命を危険にさらしてまで、人体を無駄ワクチンのゴミ捨て場にしようというのです!!

しかも「副反応」については「稀に起こる」「ごく稀ではあるものの」と強調しているし、「重大な副反応」として「死亡する場合もある」とは一切書いていません。
救済制度についても、補償額が最高「4000万円」になることは書いておらず、そこまでヤバいワクチンだということは伏せています!

これでも、打って死んだら打った人のせい、国を信じた方が悪いと言うことにされるのです!!
本当に、ゾッとします。

それにしても、あれだけ被害者遺族が悲痛な声を挙げているのに、それを完全に無視し、まるであざ笑うかのようにこんなもの送りつけてくるとは、どういう神経なのでしょうか?

国も都道府県も市区町村も信じちゃいけません!
信じていいのは、この本です!
自分と大切な人の命を守るために、読んでください!

『コロナ論』1~4は文庫版発売中!

トッキー

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN
14:00~17:00

テーマ: オドレら正気か?in岡山「ときめきの愛子天皇」

INFORMATIONお知らせ