ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2023.1.18 07:09日々の出来事

自由な表現・言論を貫く覚悟

「SPA!」は産経新聞を恐れている。
「SPA!」内部にも男系固執派がいる。
となると、わしの「愛子天皇論」は好ましからざる
連載になるだろう。

産経新聞は男系に固執して、今日まで皇統問題の
解決を遅らせてしまった。
皇室を存続の危機に陥れてしまった。
上皇陛下、天皇陛下に叛逆していたのは間違いない。

そもそも「旧宮家系の一般国民男子」が皇族に
なれると思い込んだことが致命的な失敗だった。
この致命的な失敗は、朝日新聞の慰安婦問題に
匹敵する恐るべき信頼失墜につながる。

「門地による差別」が憲法で禁止されている条項
であり、「旧宮家系の一般国民男子」を皇族にする
ことは出来ない。

そもそも産経新聞を始めとする男系固執論者たちが、
「旧宮家系」を「準皇族」と思い込んだウルトラ級の
馬鹿が問題だったのだが。
ようするに宮様詐欺に引っ掛かったのだ。
間抜けすぎる。

その間抜けた現実が「愛子天皇論」によって白日の
下にさらされる。
それを忖度して心配でたまらないのが「SPA!」だ。

わしは真実を描写し、皇室の窮地を救い、「SPA!」の
赤字を埋め、扶桑社を儲けさせようとしているだけだが、
果たしてこれからも、産経新聞に忖度して、わしへの
言論に制限をかけようとするのか?

少なくとも「SPA!」の執筆者と産経新聞批判は、
避けることにしているのだが、まだ足りないか?

わしは自分の「言論・表現の自由」が脅かされる恐れを
常に感じながら、描いていくしかない。
いざとなれば連載を止めて、描きためて別の出版社から
描き下ろし単行本で出すことも考えておかねばならない。
いつでも覚悟を決めて描いていくしかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN
14:00~17:00

テーマ: オドレら正気か?in岡山「ときめきの愛子天皇」

INFORMATIONお知らせ