ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2010.6.22 14:53

たちあがれ日本結党パーティーを覗いた

ホテルニューオータニ「芙蓉の間」と言えば大がかりな政治パーティーの定番の会場だ。

そこでたちあがれ日本の結党パーティーがあった。

ご招待頂いたので、スケジュールの隙間を縫って、ちょこっと顔を出してみた。

少し遅れて行くと会場から人が大勢溢れている。

でも何とか中に入って、候補者の皆さんの挨拶を聞く。

一番拍手が多かったのはやはり中畑清さん。

次はタイゾー君かな。

私がかねて尊敬し、ご指導も頂いている藤井先生のスピーチはさすがにずば抜けている。

「外からはチャイナの帝国主義、内からはソフト共和制革命の脅威が迫っている。これらから我が国柄を守る為に国政に挑戦する決意をした」

もちろん心からの拍手を送った。

是非頑張って頂きたいと思う。

でも会場は人が多いわりには熱気も危機感もあまり感じられなかった。

やや訝しく思いながら、次の予定があるので外に出た。

今回の参院選では自民党の山谷えり子先生が改選だ。

教育問題ではピカ一のご活躍。

前回の6年前は福島でご一緒に講演をさせて頂き、今回も広島でご一緒させて頂いた。

光栄なことである。

そのほか、日本創新党からは浜野ゆきこさんが大阪選挙区で出馬される。

ご本人ももちろんだが、それ以上にご両親と縁が深い。

ーそれにしても、外から見ていて歯がゆいのは、同じ志を持ちながら党が分かれている為に、足の引っ張り合いをしているとしか思えないケースがあることだ。

政党間の選挙協力も普通に行われているんだし、その辺は何とかならないものか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ