ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2010.9.22 04:24ゴー宣道場

今後の「ゴー宣道場」を大発表ー!!

よしりん先生から、
今後の『ゴー宣道場』の予定を
大発表しまーす絵文字:重要絵文字:お知らせ



今後の『ゴー宣道場』の予定を
お知らせしておきます。

 

次回は10月10日
「私から公への経路」

この辺で一度、
今までの『ゴー宣道場』で
積み残し感のある諸問題を
整理しておかねばなりません。

聞きそびれていたことでもいいし、
現場からの報告でもいいし、
人生相談でもいいし、
何でも質問してよいのです。

切通理作氏が
基調講演をやってくれます。

「私」を棚上げした言葉で、
「公」の問題や、天下国家を語っても、
一般的な大多数の人々には届きません。

感受性のない紋切り型の言葉を脱して、
「自分の言葉で語る」ために、
まず切通氏の話を聞いてみましょう。

ただし、
宮城教授が、前回の加藤紘一議員の
「共同体再生」プランについて、
ぜひ話させてくれと言ってます。

社会学者の宮城教授の専門分野なので、
出席できなかったことを悔やんでいます。

なので宮城教授に
その機会を与えることにしました。

予測不能の道場から
どんな公論が生み出せるのか?

もちろん、
中国の尖閣諸島を狙う野望への対処に
議論が発展してもいいし、
民主党の可能性と陥穽についての議論でもいいし、
時局に応じた話題を
俎上に乗せることもできます。

自分の言葉でどこまで話せるか、
挑戦してみてください。

 

11月14日
「アイヌ系日本人の真実」

砂澤陣氏がゲストに登場します。

アイヌ問題は、
実は恐るべきアンタッチャブルな実情を
呈しているのですが、
マスコミが一切報道しません。

「アイヌ協会」の実情は、
果たしてどうなのか?

マスコミの偽善報道のせいで、
どうやら事態は悪い方へ、
悪い方へと進んで行ってるようです。

この問題の真実を理解できるのは
『ゴー宣道場』でしかないでしょう。

当日は、砂澤氏が
北海道で共に闘っている道議も
ゲストに来られる予定です。

世界の民族問題に詳しい
有本香さんの発言も求めるつもりです。

 

12月12日
「中国、チベット、台湾、
そしてアメリカを分析せよ!」

有本香氏が登場。

徹底的に
国際社会の現実を議論してみます。

台湾人もゲストに呼ぼうかと
考えています。

 

みなぼんのブログ
「新規会員募集のお知らせ」を読んで、
応募はがきに念を込めて
出してください絵文字:重要

 

最後にもう一報。

『靖国論』が増刷されました。

未だに売れ続けているのですね。

 

みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ