ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2010.11.1 13:26日々の出来事

S・デラックス、「男の復権」を懸けて


よしりん先生が
来てくれましたよー
絵文字:重要絵文字:笑顔



先月の「ゴー宣道場」の後、
日本列島の南北の遠隔地に育った
屈強な男たちが風邪に倒れました。

沖縄で 宮城教授 が。

北海道で 砂澤陣氏 が。

二人とも
野性味あふれる風貌を誇る
猛者でした。

両者とも床に伏せって
猛烈な発熱に耐え、
苦悩する日々を送っていたので、
ひょっとしたら
男性機能を失ったかもしれません。

あの二人を
そこまで追いやるほどの
強力なウイルスの感染源は、
何を隠そう 有本香さん です。

あれだけの強烈な生命体に
宿ったウイルスが、
そのパワーを無限大に
増強させていただろうことは
十分予測されることです。

だがそこまで
パワーアップしたウイルスでも、
残念ながら
有本さんを倒すことは
出来なかった。

彼女は、
発熱して倒れることは
なかったのです。

そのウイルスをすべて
南北のオスに感染させて
ケロッと完治し、
有本さんは悠然と
活動し続けております。

その有本さんと、
南北のオスに負けぬほど
おしゃべりを交わした男が
もう一人おりました。

斯く言うわし、
小林よしのり です。

一見、
虚弱体質のわしが
びくともしないのは、
多分充実した
気力のせいでありましょう。

気迫が違う、気迫が絵文字:重要

気迫で生きる男、
それが小林よしのりです。

それに比べてだらしないのが
宮城・砂澤、南北の雄です。

男性機能を
失ってるかもしれません。

今後は
ミヤギ・マングローブ
砂澤・デラックス として
活躍するしかないかもしれない。

百歩譲って、
沖縄の宮城教授が風邪をひくのは
まだ許容の範囲内かもしれません。

元々てーげー体質の
琉球人です。

緊張感がないのだから
ウイルスが侵入するには
絶好の生命体だったかもしれない。

だが酷寒の大地、北海道で、
空手の修行もした砂澤氏が
なんという体たらくでしょうか?

ましてや
何分の一かはアイヌの血も
受け継いでいるという男が、
都会に出てきて
女に風邪をうつされて
寝込んだとは・・・

・・・ったく情けなくて
涙が出ます。

ようするに
こういうことなのです。

これが

アイヌ民族なんていない

という証拠です。

文明人なのです。

もうすっかり
文明の毒を飲んで堕落した、
我々日本人と
なんら変わるところのない
一般国民なのです

アイヌの幻想、崩れたり絵文字:重要

まあ、
こんな文章を書いただけでも、
抗議して来る団体がありました。

触れるのもいや、
ギャグのネタで使うなんて
命知らずという按配でしたが、
こうしてわしは
堂々と書いております。

次回「ゴー宣道場」では、
ヘタレの政治家によって、
国会の全会一致で決まった
「アイヌ民族決議」に
堂々と挑戦する議論を
展開します。

風邪ウイルスに倒れた
砂澤陣氏が男の復権をかけて、
魂の叫びを聞かせると
燃えております。

彼に男の面目を守る
最後のチャンスを与えましょう。

期待して
わしなんかワクワクしてますが、
みなさん、絶対に当日、
風邪なんかひかないようにね絵文字:重要

みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ