ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2010.11.19 03:31政治・経済

「自衛隊は暴力装置」だと思っていたが?

よしりん先生に
登場してもらいます
絵文字:重要



仙石官房長官が

「自衛隊は暴力装置」

と言ったらしい。

それを産経新聞や
保守派が糾弾している。

自衛隊への冒涜だと。
士気が下がると。

困ったことだ。

言葉狩りではないのか?

「暴力装置」という言葉は
マックス・ウェーバーが使った学術用語で、
わしも『戦争論』の中で使っているし、
かつて自衛隊の前で
講演した時も使ったと思う。

「左翼は自衛隊と警察が嫌いだが、
 国家を成り立たせる
 その二つの暴力装置を失ったら、
 日本国は、暴力団か、オウム真理教が
 支配する無秩序状態に陥りますよ。」

といった文脈で。

マックス・ウェーバーは、
軍隊と警察は国家が独占する
正当な物理的暴力
だと
『職業としての政治』
で述べている。

確かそうあったと思うので
また読み直してみるつもりだが。

わしはそれを
『戦争論』の中で応用した。

わしが使っても
批判されなかった言葉を、
仙石が使ったら大批判され、
謝罪に追い込まれる。

単に
仙石が左翼だから
という偏見からだ。

わしも
仙石は左翼気味だと思うし、
嫌いだが、

「言葉狩り」することによって
議論を封じるのは、
まさに左翼の常套手段だ
絵文字:重要

日本の保守派も
左翼的性質があるということの
証明ではないか。

日本の民主主義は
常にこういう調子で、
公論に結びつかない。

仙石の前に、
「暴力装置」という言葉を
とっくの昔に使っていた
小林よしのりを、
まず批判しておくべき
だったのではないか?

とにかく
もう一度原典を
読み直してみるために
本を探す。

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ