ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2011.1.4 09:28

『週刊ポスト』に注目!

『週刊ポスト』1月14日・21日号(1月4日発売)は見逃せない。

何しろ昭和のSEX2大ベストセラー『性生活の知恵』『HOW TO SEX』を完全復刻した16ページ永久保存版が載ってるから……ではない。

「天皇家50の謎」のことだ。

浅学ながら小生が監修させて頂いた。

小林さんのインタビュー「万世一系の謎」を含めて51のお宝情報が7ページにギッシリ詰め込まれている。

はっきり言って、これらの中5つ以上知ってたら、なかなかじゃないかな。

例えば、名字がないはずの皇室(これくらいは知ってるでしょ)が姓を名乗っていた時期があるとか、普通知らないよね。

その姓とは? みたいな。

私が担当の編集者に、こんなのもこんなのもあるよ、ってどんどん挙げて行ったら、えらく興奮してた。

結果として殆ど類を見ない面白い記事になったと思う、手前味噌ながら。

担当編集者の企画力の勝利かな。

勝手に「勝利」にしちゃったけど。

本当は倍くらい私からプランを出していた。

それに対し、担当者いわく

「これだけでもう6、7ページになります。週刊誌で6ページとか普通あり得ない分量ですよ」だと。

確かにこの号でも、小沢一郎氏のインタビューともう一本の最新科学レポートが6ページで、あとは中曽根康弘氏、櫻井よし子氏などが4ページといったところ。

そうだよな、と私も納得していたんだが、どうやらセックス記事は別格らしい。

だって例の「永久保存版」なんて16ページだよ。

むしろ「50の謎」の方が永久保存版だろ!と突っ込みたくもなるが、一般の週刊誌にこれだけ踏み込んだ皇室記事が載るのは珍しいだろう。

監修に当たり一つだけ条件をつけた。

「タイトルは編集部がつけるものだから何も言わない。でも本文には〈天皇家〉って言葉は使わないこと」って。

さてこの週刊誌、我が家の子供たちに勧めるべきかどうか。


高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ