ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2011.1.6 05:33皇統問題

男系派が答えられない3つの難問

今回は、
よしりん企画スタッフ、
トッキーの登場です
絵文字:星



皆さん、
このホームページの
左側にある
『新天皇論』の表紙を
クリックしてみてください絵文字:パソコン

アマゾンのカスタマーレビューが
滅茶苦茶な状態になっています。

発売から2、3日の間は、
全く違いました。

発売と同時に買い、
すぐ読み終えて
感想を投稿するような人は
熱意がものすごく、
納得いくもの、
感心するものが続々と
寄せられていたのです。

ところが4、5日も経つと、
最初の高評価に
反発を感じたアンチの連中が、
ろくに読みもしないで
単なる罵詈雑言を
書き込み始める。

さらに、
アマゾンのレビューには、
それぞれ後ろに
「このレビューは参考になりましたか?」
という質問がついていて、
ネットを見た人が投票し、
「はい」が多く、
「いいえ」の少ないものが
「有用性のあるレビュー」
と判断され、
その順に表示されるように
なっているわけですが、
今回、男系派は片っ端から
高評価のレビューには
「参考にならない」、
低評価のレビューには
「参考になる」の
投票をかけたようで、
その結果、いま
カスタマーレビューを見ると、
低評価のレビューばかりが、
最初の方に
ズラーっと並ぶという
有様になっております。

しかし、本当は
全体の投稿数から見れば
低評価のレビューは
ほんの少数にすぎないのです。

そしてその論評のレベルの差も
読めば一目瞭然。


それで、こんな醜悪な、
いじましーい、
せこいせこーい
妨害工作をしかけている
というわけです。

男系派の人々は
「カルト」と言われるのを
異様に嫌がりますが、
こんな意地汚く
せせこましい行為を
集団でやっている連中が
「カルト」でなければ
一体何なんでしょう?

男系派の論客も総動員で
『新天皇論』に反撃する準備を
しているようです。

しかし、
なんだか懐かしいですね。

『戦争論』が出た後、
「世界」や「論座」が
総力特集を組んで来たときと
そっくりです。

でも、何人束になって来ても関係ない。

問題は、何度も
よしりん師範が問いかけている、
以下の3つの質問に
答えられるか?

それだけなのです。

1.男系派は「旧宮家子孫の男系男子4人を
     
皇族にすれば皇統は安泰」と主張しているが、
     
その4人の男は本当にいるのか?

2.仮にその4人がいたとして、
      
我々と同じ俗界で生まれ育った4人もの男を
     
突如皇族にして、しかも皇位継承権を与え、
     
その上、正当性を高めるために
     
女性皇族4人と結婚させるという案を、
     
国民が認めるか?

      その前に、女性皇族方は
      そのような政略結婚を承認されるのか?

3.仮にそのようにして男系男子皇族を4人作ったとして、
     
側室なしで「一夫一婦制」で確実に
      男子を生み続けることはできるのか?

1. いるのか絵文字:質問 2. 認めるか絵文字:質問 3. 続くのか絵文字:質問


男系派は

この3問全てに “ YES ”と言って

証明しなければなりません。


そうでない限り、
いくら男系がスバラシイと唱えても、
いずれ皇統は絶えるのです。

今のところ、
男系派は誰ひとり
この3つの質問に答えられず、
しらばっくれ続けています。

『新天皇論』 (小学館)は
国体を守る最終兵器です。

1月9日の「ゴー宣道場」では、
『新天皇論』をベースに、
日本の新しい夜明けについて、
よしりん師範が
基調講演をします。

お楽しみに絵文字:重要

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ