ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2011.1.20 03:44

『古事記』の謎

『古事記』と言えば古典中の古典。

だから『古事記』については、何でも分かっていると思っている人が多いのではないだろうか。

ところがどうして、まだまだ未解明の問題が山積している。

例えば、一般に「序文」と呼ばれている文章の“正体”。

写本にも「序」と書いてある。

でもその体裁は、天皇に『古事記』の完成を伝える報告書そのもの。

純然たる上表文の形式だ。

この『古事記』の巻首に収める文章は、果たして序文か上表文か。

学界でも未だに解決されていない。

そこで及ばずながら、私なりの整理を試みた。

それが近時『麗澤大学紀要』91巻に掲載された「序か、表かーー『古事記』巻首文の性格を巡つて」。

その結論は、元来それは上表文であったのが、後に『古事記』巻首に収められ、序文として転用されることになった、というもの。

本来、序文か上表文かで、文章の信頼性に大きな違いが出てくる。

天皇への公式の報告書である上表文に間違ったことは書けないからだ。

間違いを書けば、古代の刑法と言うべき律の規定で罰則の対象にもなりかねない。

単なる序文なら、多少の誇張なども許されるだろう。

この種の基礎的な謎は、まだ多く残っている。

だからこそ研究もやり甲斐がある。

でもそんなの関係ない、って言われちゃうと、まぁそれまでなのだが。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ