ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2011.1.26 05:37皇統問題

相次ぐ、読者の「転向宣言」!

今日も、
続々と届けられる
『新天皇論』 の感想を
ご紹介します絵文字:重要絵文字:笑顔

感想を読んでいると、

「以前は男系派だったけど、
 それは間違っていたとわかった。
 自分も女系公認になった」

という 転向宣言 が多いです絵文字:キラキラ

よしりん先生が
こんなことを言っています絵文字:笑顔

「『男系派女系公認』
 への転向はたくさんあるけど、
 『女系容認
男系派』
 という転向はない」

そう言われてみると
そうですよね絵文字:ひらめき

それだけ、
「女系公認」は
歴史を踏まえ、
かつ論理的な結論
ということでしょうか絵文字:笑顔

 
 (今日は帯なしver.にしてみました絵文字:笑顔 )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 皇統問題に関する先生の著作を読むまでは、私も男系主義で、
     小泉内閣での女系容認が許容できずにいました。
     しかし本作にて私の根拠のない考えは一掃されました。
     ここに皇統問題に関する論争が終結したと思います。
     今後の皇室典範改正の動きに期待したいと思います。
     また『天皇論』から始まる著作の中で、本当の国体の意味を
     実感できたことも、私にとっての大きな収穫でした。
     日本国民として堂々と、この誇るべき伝統を私の娘にも
     いつか話せる自信がつきました。(広島県・41歳男性・医師)

◆ 私は30年以上の産経新聞購読者であるために、
     男系主義者でありましたが、無知であったことを認め、
     日本人として「承詔必謹」を誓います。
     また、推古・持統・元明・元正等皇統確立時の
     女帝の役割と皇祖天照大神に思いをいたせば、
     『新天皇論』にて皇室弥栄を決めるべきです。
     (福島県・61歳男性・自営業)

◆ 一つひとつの章が、論点が整理されていて(簡潔明瞭で)
     いつも以上に読みやすかったです。
     この本を読んで、自信をもって女性・女系でもいいんだと
     思えるようになりました。
     シナ男系主義はもういいです、さようなら。
     今後の皇室は萬葉一統で(万世男系でなく)、
     益々発展していくことと思います。
     そんな希望にあふれる本でした。
     (宮城県・26歳男性・中学教師)

◆ 『天皇論』三部作を合わせて読み学ぶことで、
     国民の為に祈る無私の存在たる天皇のありがたさと
     魅力を実感することができました。
     本作では小林先生が元来有する「闘う姿勢」が
     見られたことが何より面白かったです。
     男系絶対、いわゆる空想主義に固執する人々を
     次々と論破していく姿を見て、壮快な気分になれました。
     『ゴーマニズム宣言』らしい、形骸化した権威を許さない先生の
     本来の姿がありのままに描かれていたことが
     何よりの魅力でした。(神奈川県・22歳男性・学生)

◆ 私も男系維持派ですが、先生の主張で女系の方が
     日本になじむのかなと思い始めました。
     先生の主張は論理的であり、将来の皇統を考えると
     確かに安定しています。
     しかし、どこで刷り込まれたのか(笑)、
     感情的に「女系公認」とはいかない。時が経てば
     女系でも全く問題ないと思えるかもしれません。
     悠長にかまえている時間がないことはわかっているので、
     先生の主張を契機に国会議員を始め、
     マスコミも早急に真剣に考えて動いてほしいし、
     自分も少しずつでも周りの人にこの問題を
     広めたいと思います。(香川県・33歳男性・会社員)

◆ これを読むまで、私も男系優先、女系容認でした。
     しかし、今は女系公認です。
     正直、歴史の問題以上に、これから先のことを考えたら、
     男系継承は不可能だとわかりました。
     伝統のくだりにおいては、全く同感です。
     そのものにおいて何が一番重要になるのか、
     その “ 本(もと) ” は変えず、まわりを覆うものは
     時代と共に変わっていくものだと感じました。
     愛子さまが女帝になることを願ってやみません。
     (神奈川県・24歳女性・会社員)

◆ ゴー宣スペシャルはすべて購入していますが、
     天皇論シリーズは泣けて泣けてしかたがありませんでした。
     自分はこんな涙もろい人間だったか? と不思議に思うほどです。
     自分の中の根源的な部分が共鳴しているのでしょう。
     先生の描く天皇陛下のお姿は実に美しいです。
     あの絵だけでも、私は先生のお志を信じるに十分です。
     (北海道・34歳男性・自営業)

◆ 小沢一郎の章を読み、最近のニュースのことを思い出しました。
     民主の若手が小沢を顧問にして「北辰会」というグループを
     立ち上げたということですが、「北辰=北極星」で、
     昊天上帝(天を支配する神)を古代中国では表します。
     上帝の命を受け皇帝は存在するので、「北辰=小沢」という
     構図になっていることが、とても恐ろしくなりました。
     こんなこと誰も考えませんよね……。
     (三重県・28歳男性・会社員)

◆ 『天皇論』『昭和天皇論』では、天皇陛下のありがたさや、
     皇室という日本の伝統の素晴しさを知りました。
     そして、この伝統がずっと続くといいなと思っていましたが、
     本書で一刻も早く皇位継承の問題を解決しなければならない
     という危機感が伝わってきました。
     これまでは、男系で続かないから「仕方なく」
     女系にうつるのかと考えていましたが、本書を読み、
     特に女帝の歴史を勉強することで女系継承に対する
     違和感のようなものがなくなりました。
     また「その時国民はどう思うのか、どう感じるのか」という視点は
     とても大切なことだと感じました。(茨城県・22歳男性・大学生)

◆ シナの習慣が男系主義と知り驚きました。
     容認でなく今後は女系公認という言葉を使っていきたく
     思います。学校で広めます絵文字:重要絵文字:重要(兵庫県・18歳男性・高校生)

◆ 男系固持主義者であった自分が、天照大神が
     皇祖神であることを忘れ、皇統の歴史に余りにも
     無知であったことを自覚しました。
     本書を読んで、真に皇統の繁栄を願う公民の一人として、
     今までの行為を自分自身で反省すると同時に
     敬宮様の天皇陛下への道と女性宮家創設への道が
     開かれることを心から願おうと考えています。
     もし、最悪の事態が生じれば、自分は皇居に向けて
     切腹するべきか、と考えますが、これはやりすぎでしょうか?
     敬宮様が天皇陛下に即位されるために、その道を開くことに
     何かしらの力になりたいと強く心から思います。
     自分の願いが届けられれば、何だってしたいと思う
     気持ちでいっぱいです。(山口県・30歳男性)

◆ 女系継承に対する不安が消え、理解が深まった。
     同時に、自分の不勉強さと無自覚、無知が恐ろしい状況を
     もたらしかねないことも気づかされた。
     今上天皇への心配がしばらく消えない。(典範改正早く絵文字:重要絵文字:重要
     今自分にできることは、情勢を新聞でうかがうくらいしかなくて悔しい。
     子供が大きくなったら、改めてゴー宣シリーズを共に勉強して
     次につなげていく。(もちろん今も読み返し理解を深める)
     すばらしい本をありがとうございました。これからも応援しています。
     (栃木県・33歳女性・主婦)

◆ 皇位継承問題は危急の問題であることが良く分かりました。
     そして母に話したところ、「女性天皇でも良いのではないか」
     と言っておりました。私の母は一般の庶民であります。
     やはり一般庶民の感覚は「皇室(天皇)への崇敬、
     天皇による一君万民制」を思っているわけです。
     「男系絶対主義者」は天皇への恋闕ではなく、己の意見だけで
     ものを言っていると思います。(埼玉県・20歳男性・大学生)

◆ 「男性はできそこない絵文字:重要」この言葉を思い出す度、
     「できそこない」の私は胃が痛みますが、先生のお考えは
     支持致します。皇室は万葉一統。
     ともあれ、私たち「できそこない」、その累々たる犠牲の上で
     皇室の弥栄を祈ります。こんな「できそこない」の私たちでさえ、
     陛下は愛して下さるのですから。せめて一石のお役に立って
     死にたいと思います。(東京都・30歳男性・自由業)

◆ 相も変わらず安直に世間に安住しないよしりんの姿勢には
     感服させられる。専門家顔負けの精緻さで描かれている為、
     非常に分かりやすく、得心のいくものでした。
     それにしても、よしりんの皇室に対する愛情は凄まじいですね。
     きっと陛下も本書の存在をお知りになれば、
     お喜びになられると思いますよ。
     オッサン共の嫉妬に負けずに頑張れ、よしりん絵文字:重要絵文字:重要
     (京都府・28歳男性・大学院生)

◆ 女性天皇こそ日本の誇るべき伝統であり、
     直系がいちばん大事な原理だということがよくわかりました。
     男系派が国民の感覚とかけ離れていること。
     そして国体を危うくする連中だったとは何とも情けない話です。
     最終章のシメの言葉、カッコよかったです。
     (北海道・24歳男性・自由業)

みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ