ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2011.2.22 14:10

近況一端(4)

2月10日、翌日の「建国記念の日」の講演の為に北海道に飛ぶ。

旭川空港に着くと、出迎えの方が雪道用に特別の長靴を用意して下さっていて、早速履き替える。

北海道にはこれまで冬場にも何度か来たが、こんな配慮をして頂いたのは初めて。

感謝。

空港から豊岡中央病院に直行。

旧知の同病院会長の田下昌明先生にご挨拶するためだ。

先生は小児科がご専門で、「小児医療は国防の基」が持論でいらっしゃる。

見識、人柄共に素晴らしく、ご高齢で体調も万全ではない中、全国を飛び回って活躍しておられる。

尊敬すべき方だ。

次に旭川神社参拝。

教科書問題にも取り組んで下さっている芦原宮司と暫し歓談。

次いで陸上自衛隊旭川駐屯地にある北鎮記念館へ。

ここは屯田兵や旧陸軍第7師団、陸上自衛隊第2師団などの貴重な関連資料約2500点を、ジオラマやビデオなども交えて展示してある。

自衛隊OBの手塚館長が約1時間、時に面白おかしく、時にしんみりと、実に名調子で説明して下さった。

もし旭川に来られる機会があれば、一人でも多くの方に立ち寄ってもらいたい場所だ。

入館は無料。

向かいに北海道護国神社。

参拝後、初対面の塩野谷宮司にご挨拶。

当初、地元の方は有名な旭川動物園に私を案内しようとお考えだったようだが、既に夕刻も迫ってしまった。

ホテルに荷物を置き、そのまま主催団体の関係者と夕食。

誘われてグラブに流れると、ここのママが若くて目の覚めるような美人。

しかも知的な雰囲気。

こうなると、勧められるままにウィスキーを例によってストレートでグイグイやっても、誰も私を責めることはできない……はず(前にも似たシチュエーションがあったような)。

翌日は午前10時から講演。

演題は「2月11日に込められた3つの思い」。

何と昨日の美人ママも参加してくれていた。

講演後、サイン会。

拙著『日本の可能性』に下手な字で次々にサインをしていると、美人ママも「お願いします」と本を差し出す。

とびきり丁寧にサインをしたことは言う迄もない。

「先生、頑張って下さい」と声をかけてくれたことも素直に嬉しい(それとも、ここまでがサービス料金に含まれていたのか)。

主催関係者の大手保険会社の支店長さんが、「うちの若い女性社員たちも先生のことを知ってて、今日も参加しましたよ」とおっしゃる。

若い女の子たちが私の本や雑誌論文を熱心に読んでくれているとは、残念ながら考えにくいので(もしそうなら勿論嬉しいが)、ネットで動画でも見ているのだろうか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ