ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2011.3.22 07:10震災・原発問題

「非常時の発狂者」の出現

よしりん先生が来てくれました絵文字:重要絵文字:笑顔



21日の朝、起床したら、
次回「ゴー宣道場」の設営隊募集が
もう締め切られていました絵文字:重要
驚異的な速さで
門弟たちが名乗りを上げて
定員に達していました。
間に合わなかった人が多かったようです。

本当に熱意がすごい絵文字:重要

やる気が湧いてくるな、わしも。
門弟たちのやる気は、
確実に師範方のやる気を支えるのです。
お互いにやる気を増幅させる
関係っていいですね。
 

ところで門弟たちの中で二名の男性が、
わしが一旦は「ゴー宣道場」を
お台場で強行開催しようと
したことを非難しています。

「強行」ならば危険を察知して
ただちに変更するはずがないのですが。

この議論は
切通理作氏の次の言葉によって
見事に説明されています。

一語一語をしっかり
噛み締めて読んでほしい。

「この未曾有の震災という事態に
 何もできないという個人の無力感、苛立ちが
 公的立場の人たちを感情的に
 謗る結果になっている。
 世の中の縮図が、門弟による、
 小林師範や道場の在り方を非難する
 他者への想像力を排除した
 過剰にマッチョな態度にも表れている。」

「こういう時、決定権のある人に対して
 絶対正義をふりかざして、自称『強者』の
 ふるまいをするというのは、
 すごくむなしいことだと思います。」

「ゴー宣道場」の
門弟の中に現われた現象は、
今回の震災が人間の心理に及ぼす現象
そのものでもあるようなので、
一度、公式に説明しておきます。

 
わしを批判する男性二名は、
一名は 「男性優位主義者」 であり、
一名は 「お台場恐怖症患者」 です。

「男性優位主義者」は、
お台場開催の場合は
「女・子供・老人ぬき」で
やるべきだと主張しました。

わしはお台場といえば震災後も
フジテレビの女子アナまで
働いている場所ですから、
過剰に危険視するのもおかしいと思います。

今朝のフジテレビの番組で、
千葉の液状化現象を報道していましたが、
司会者が
「このお台場は何ともないんですよね。」
と話してました。
「お台場恐怖症患者」は、
震度3、4程度の余震でも、
地盤が今後どのような動きをするか
予断を許さないと言ってますが、
もう震度3、4程度の余震は起きましたよね?
まあ、お台場も
危険はあるのかもしれませんが、
そこに出入りする人たちは、
諦観と覚悟を同時に持っているのでしょう。
だからこの際、
リスクを負う覚悟のある者だけ集めて、
少人数で「ゴー宣道場」を開催しようと
わしは考えました。
 
なにしろお台場の会場は、
値段も手頃でサービスも
設備も良かったのです。
地震の後、他の会場を探してみましたが、
どうしても見つかりませんでした。
もちろん今は労務会館を
見つけることが出来たのですが、
それ以前までは見つからなかったのです。
わしは大金持ちではありません。

わし個人の懐具合を考えて、
会場を探しています。

「男性優位主義者」と
「お台場恐怖症患者」の二名様、
お金さえあればみなさんに
いくらでも良い環境で
議論して頂けるのですが、
お金がなくてすみません。

高い会場を借りるくらいなら、
被災地に寄付した方がいいと
考えてしまってすみません。

わしはすでに寄付しましたが、
これからも状況を見ながら
寄付を続けようと思っていますので、
そんなに高い会場は借りられません。

 
実はわしは今でも
お台場から会場を変更することに、
若干の後ろめたさを感じています。

なにしろ現在、お台場では
多くの女性が働いているのに、
小林よしのりの「ゴー宣道場」が
お台場から逃げ出したと捉えられたら、
根性なしのヘタレ集団のように
見えませんかねえ?

「ゴー宣道場も逃げ出したお台場」
という噂が広がれば、
あの辺を利用する人々にとっては
風評被害です。

浦安のディズニーランドは
今後どうなるのでしょうか?

女子供を呼んでいるディズニーランドは、
万が一のことがあれば
責任を問われるのでしょうか?
いつから再開すれば
安全と言えるのでしょう?
 

お台場から大崎に会場を変更したのは、
それでも参加者全員に安心して、
余裕を持って楽しんでもらおうという
主催者としてのわしの配慮なのですが、
わかってもらえませんでしょうか?

大崎に変更したこと自体が、
「男性優位主義者」と
「お台場恐怖症患者」の二名様には

「ほら見たことか、変更したじゃないか。
 俺はお台場が危険だとわかっていたぞ絵文字:重要

と責任追及する根拠に
なってしまうのでしょうか?

 
「男性優位主義者」は、
驚くべきことに、

フジテレビの女子アナも
関西に疎開させるべきだ

と主張しています。

これには呆れました。

ここまで常識が狂うとは絵文字:重要

かつてオウム真理教の
地下鉄サリン事件と、
阪神淡路大震災が重なった時も、
発狂した者が多く出ました。

この 「発狂」 とは、
非常時にバランス感覚を
失った者という意味です。

その時もわしは
「非常時の発狂者」
との戦いを強いられました。
その頃の『ゴーマニズム宣言』には
記録がちゃんと残っているでしょう。

まさか「ゴー宣道場」の門弟の中から、
「非常時の発狂者」が出ようとは絵文字:重要

 

「お台場恐怖症患者」の方は、

「フジテレビの女子アナは職業で、
 業務命令でお台場にいるのだから、
 『労災』が出る。
 しかしゴー宣道場に行って被災しても
 『労災』が出ない」

と主張しています。

「労災」の問題なのか〜〜〜〜〜〜絵文字:重要絵文字:重要

そこまで妻子が心配なら、
参加しなけりゃいいだけじゃないですか絵文字:重要

家族が心配なら参加しなくていい。

これは当たり前です。

「ゴー宣道場」は強制連行
してるわけじゃないんだから絵文字:重要

「この時期、参加しなくても
 まったく無頓着絵文字:重要

とわしはブログに書いています。

 

しかしこの人には、
尖閣ビデオを流出させた
一色正春氏のような行動は
絶対に出来ないんでしょうね。

一色氏は3月の道場に
往復はがきで応募されていたから、
当選させていたのですが、
中止になって残念でした。
「ゴー宣道場」に興味を
持たれているようなので、
そのうち参加されるでしょう。

わしは門弟たちに一色氏のような
「私を捨て公につく覚悟」まで
求めているのではありません。

良き観客、良く議論し、
深く思想する観客
であれば良いのです。
 

それでは
「男性優位主義者」の主張通り、

『次回「ゴー宣道場」には、
 女・子供・老人は参加するべからず』

というお触れをわしが出した場合、
現実的には何が起こるでしょう?

有本さん、笹さん、みなぼんは
烈火のごとく怒ります。

みなぼんなんか、

「そんなことしたら、
 私が有本さん、笹さんを担いで、
 お台場の別の会場で開催する」

などと言ってます。

対外的にも
『次回「ゴー宣道場」には、
 女・子供・老人は参加するべからず』
という条件で開催したら、
「異様な集団だと思われる」と、
堀辺さんも言っておられます。

確かに対外的には、

「異様な男性優位主義者の集団」

と映るのではないですか?

 

わしはブログで

「次回は危険も承知の者だけが来い。
 子供連れでは不安と思う人は
 参加を見送ってください。
 お台場もキャンセルする可能性がある」

と警告しています。

新自由主義の経済構造の
変化のために用意された
「自己責任」という理屈は
わしは認めませんが、
自然災害や運命に対して
どう対処するかは、
一人一人の「自己責任」であり、
「運」 そのものでしかありません。

そんなことは当然ではないですか。

 
わしが書いた
「少人数で、肝の据わった者だけが
 参加すればよろしい」
という言葉でやってきた者たちは
「選民意識」 を持つ危険がある
などと二名の者は言います。
そんな軽い門弟がいるはずがない。

えらそうに他の門弟を
軽く見るのはやめなさい絵文字:重要

「男性優位主義者」と
「お台場恐怖症患者」の二名が、
まさに選民意識を持っているのです絵文字:重要

みんな現場が一番大事だと
わかっている門弟たちばかりです。

自分の評価は現場でされるのだと
わかっている者たち
ばかりではないですか。

わしは信頼していますよ。

言い掛かりをつけてる二名は、
他の門弟を侮辱しているわけです。
 

もう一度、言います。


『次回「ゴー宣道場」には、
 女・子供・老人は参加するべからず』

という条件を掲げて
開催することは不可能でした絵文字:重要

まず、女性師範方が納得しません。

少なくともわしは子供を参加させる
つもりはなかったわけですが、
大人の女性には
「自己決定権」 があります。

「ゴー宣道場」に参加する老人には、
死生観は出来ていると思っていますから、
わしは子供扱いしません。

老人に対して失礼です。

極限状況では
女性を守る覚悟はしていますが、
有本さんはそんなものは
当てにならないから
言わなくていいと言います。

「男が女を守る」という神話を
わしは信じたいですが、
有本さんは信じていません。

自分の身は自分で守る
という考えです。

わしはこの考え方は
貴重だと思っています。

わし自身の思想の整合性に
修正を図らざるを得ないくらいに
重要な考え方です。

わしは初めて
有本さんから影響を受けました。

『次回「ゴー宣道場」には、
 女・子供・老人は参加するべからず』
という男性優位の
アナクロな条件表明は、
堀辺さんすら反対します。

そんなことをすれば、
有本さんにとっては
最大限の侮辱ですから、
師範を辞める可能性すらあります。

 

「男性優位主義者」は、
女をナメているのです。

わしの知る女性自衛官は
護衛艦の艦長を目指していますが、
男を従えてリスクをとる
覚悟を持っています。

秘書・みなぼんは寡黙な女ですが、
覚悟と闘志が半端ではありません。
泳ぎは達者だから、
津波で洪水になったら、
先生を私が助けると言います。
「お願いします」とわしは言います。
 
彼女たちは、職業だから
「自由意思」を抑圧されて、
リスクを背負っているのではない絵文字:重要
そもそも彼女たちの職業は、
「自由意思」で選んだものなのです絵文字:重要

樺太の真岡郵便電信局の
電話交換手だった女性たちは、
ソ連軍が攻めてくる
ぎりぎりまで職務を全うし、
最後は青酸カリを飲んで自害しました。

彼女たちは「自由意思」で
公を全うしたのです。
 

どこで開かれようと、
「ゴー宣道場」には「自由意思」で
参加する女性がいるのです絵文字:重要

わしには女性の自由意思と覚悟を
否定する権力などありません
絵文字:重要
 

「地震の恐れがあるから
 女・子供・老人をお台場に近づけるな」
と主張する偏屈でちっぽけな
自称・日本男児がいます。

この主張は
「東北太平洋沿岸地域には
 女・子供・老人を住まわせるな」
という極論に繋がる恐れがあります。

わしは思うのですが、
被災地の人々は、
またあのリスクの高い地域に戻るでしょう。

女・子供・老人も。

もう海のそばは嫌だと言う人も
たくさんいましたが、
さらに多くの人々が
やはりあの地に戻っていくと思います。
もちろん防災対策は
もっと強固にされるでしょうが、
リスクが0にはならないあの地から、
女・子供・老人が消えることは
ないと思います。

日本人はカミを畏れはしますが、
カミから逃げることはない。

それが日本人の
諦観であり、覚悟です。

 
 
 
 
 
みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ