ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2011.6.30 12:40皇統問題

「我こそ尊皇主義者」になっていないか??

昨日は、
「第15回 ゴー宣道場」
応募の締め切り日でした絵文字:締め切り
 
今日、郵便局へ
応募ハガキを受け取りに
行ってきましたよ絵文字:車絵文字:急ぎ
 
今回も皆さん、
ご応募ありがとうございました絵文字:重要絵文字:笑顔
 
 
受け取った
応募ハガキを見てみると、
よしりん先生の期待した、

“ 「我こそ尊皇主義者」ではなく、
 リテラシーの高い市井の人々 ”
が応募してきて
下さっていることを感じます絵文字:晴れ
 
 
ご自分のお子さん、
または学校の生徒さんに
天皇陛下のことを聞かれて
上手に答えられなかった、
という方々絵文字:笑顔

 
天皇や皇室の大切さを
理解できたけれど、
自分が他人に説明する際に、
堅苦しい印象を相手に
与えていないだろうか、
と心配なさっている方絵文字:冷や汗
 
英国王室の結婚式を見て、
「皇太子ご夫妻も
  出席なされば良かったのに」
と呟いた奥様に、
「日本でこんな大惨事が
 起きたばかりなのに
 それどころじゃないでしょ」
と思わず反論してしまった自分は
「尊皇主義者」なのか!?
と不安になられている方絵文字:笑顔
 
 
皆さん、ご自分が
「我こそは、はるか昔から
 堂々たる尊皇主義者である」
となっていないか、
自省しながら、
皇室のことを考えて
おられるようです絵文字:良くできました OK
 
素晴らしい
バランス感覚ですね絵文字:笑顔絵文字:音楽
 
 
 
とても切実な思いだな、
と感じたのは
自衛隊のご家族の方が、

「自分の子供の頃は
 世の中の日本人の大半は
 自分よりも左側だったのに、
 この20年の間で、
 いつの間にか、多くの日本人が
 自分よりも右側になってしまった
 と感じていたので、
 HPの告知内容に
 非常に共感した」
と書かれていたことです絵文字:ひらめき
 
 
ご自分の両親や周りの人から
感じる皇室への敬愛心と、
「天皇」「君が代」「国家」
を否定する学校教育との
ギャップに戸惑った、
という方も多いようです。
 
切通師範も「君が代」に関する
ご自分の経験を
ブログに書かれていましたね絵文字:鉛筆
 
よしりん企画のトッキーも、
北海道で育ったためか、
学校では一度も「君が代」を
歌ったことがなかったそうです絵文字:困った 冷汗
 
 
私は小学校の頃に、
校歌と同時に「君が代」を
習いました絵文字:笑顔
 
意味を説明されることは
ありませんでしたが、
教師が何か特別な態度を
示すこともなければ、
学校全体としても
親たちからも
問題にされるということは、
一度もありませんでした。
 
学校集会のような場では、
「君が代」斉唱とともに
「国旗掲揚」が
当たり前のようにありました。
 
歌が終わるちょうどその時に、
国旗がポールのてっぺんに
到達するか否か、
生徒一同、
注目するんですよね絵文字:星絵文字:星
 
歌の終盤になって、
国旗の揚がるスピードが
急に早くなったりすると、
係の人の焦りを感じたりして、
面白がっていたものです絵文字:笑顔
 
「君が代」「国旗掲揚」
年代というよりは、
育った場所によるのでしょうか絵文字:質問
 
私が田舎っ子だから!?絵文字:絶望
 
 
 
応募して下さった方の中には、
皇統問題 への関心を
お持ちの方も多いようです絵文字:良くできました OK
 
「女系公認」の正しさは
明白なのに、
自称保守派が未だに
「男系絶対」に固執するのは
何故なのか?という方も
いらっしゃいますし、
「女系公認」だけど、
まだ疑問や不安を抱いている
という方もいらっしゃいます絵文字:笑顔
 
 
あと、多いのは、
「門弟志望」 の方絵文字:重要絵文字:笑顔
 
それと、前回参加した時の
「ゴー宣道場」の熱
にすっかり嵌ってしまって、
またその熱を感じたい、
と書かれている方も多いです絵文字:笑顔
 
テーマに拘らず、
参加したいという方が多いのも、
とても嬉しいことです絵文字:重要絵文字:キラキラ
 
 

そして、

これは師範の皆様、
および参加される皆様への
重大な報告ですが・・・
 
 
今回・・・
 
 
小学6年生になったばかりの

女の子が参加します絵文字:重要絵文字:笑顔

素朴な文面で、

「天皇のことを、

 もっとよく知りたいと思いました」
と書いています絵文字:重要絵文字:重要絵文字:記念日絵文字:鉛筆
 
 
どうか、予告どおり、

絵文字:ひらめき「子供にもわかる議論」絵文字:ひらめき

をお願い致しますね絵文字:重要絵文字:重要絵文字:笑顔
 
 
当選された方々には、
来週の頭には返信ハガキが
届くと思います絵文字:急ぎ
 
お楽しみにー絵文字:音楽
 
 
 
みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ