ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2011.7.23 04:15ゴー宣道場

「日本男児」と「Twitter」

皆さん絵文字:重要
 
次回の「ゴー宣道場」は、
以前、テーマとして予定していたものの
震災によって変更となってしまった
「日本男児という生き方」を、
さらにバージョンアップして・・・
 
「なでしこ VS 日本男児 どっちが強い?」
 
というテーマで開催します絵文字:音楽
 
 
私は自分が高校生の時、
世で言う 「女子高生ブーム」
まだ続いていて、
制服とルーズソックスを
身につけている女子高生は
皆が皆、「援助交際」をして
いるかのような目で見られた
不名誉な時代を経験したので、
「草食系男子」 というような
言葉で一括りにして
若い男性を批判しても、
現実を正確には
映し出さないのではないかと
思っていました。
 
しかし、昨日、
「Yahoo!ニュース」
を見ていたところ、
若い男子に対して腹が立ち、
日本男児について
考えることがあったので、
少し書きたいと思います絵文字:鉛筆
 
 
そのニュースとは、
皆さんもご存知かもしれませんが、
今、「なでしこ」と呼ばれている
女子サッカー選手の一人が、
酒席で取ったとされる言動を
同席した男子大学生に
ツイッターで “ 実況 ” された、
という騒動です絵文字:ひらめき
 
一部のメディアは
「合コン」と書き立てていましたが、
彼女の弁明によれば
単なるお祝いの集まりで、
いわゆる「男女の出会いの場」
としての合コンという
認識ではなかったとか。
 
おそらく、そうなのでしょう。

「なでしこ」は今、まさに
絵文字:キラキラ「時の人」絵文字:キラキラ ですから、
本人の意思とは関係なく、
あらゆる他人が
わらわらと周りに
集まってくるのだと思います。
 
実況された彼女の言動が
チームメイトや監督批判
とも取れるものや
際どい内容を含んでいたため、
問題になってしまったわけです絵文字:冷や汗
 
確かに、彼女の言動は
軽率だったかもしれません。
W杯で優勝した高揚感と共に、
帰国して少し気が緩んで
しまったのもあるのでしょう。
お酒も入っていたわけだし・・・。
 
第一、ツイッターで実況された
彼女の言動が
どこまで真実かは疑わしい絵文字:困った 冷汗
 
 
私が腹が立つのは、
何の事も成していない
単なる一大学生が、
時の人である彼女と
同席しているというだけで
優越感を感じ、
自慢するかのように
のぼせて書き込んだ、
その軽率さと卑小さです絵文字:怒る
 
その男子大学生は結局、
大学側から注意されたものの
アカウントを削除して
事なきを得ています。
 
一方、マスコミに晒され、
涙ながらに、仲間や監督へ
迷惑を掛けたことを謝罪する
彼女が可哀相でなりませんでした絵文字:泣く
 
 
 
ツイッター絡みで言えば、
こんなこともあったと
テレビ番組で観ました絵文字:パソコン
 
ある男性が自分の恋人と
どこそこで別れ話をするからと
ツイッターに書き込み、
他人を集め、
別れ話の現場をツイッターで
実況させたのです絵文字:困った 冷汗
 
もちろん、相手の恋人は
そんなことされているとは
思いもよりません。
 
たまたま知った彼女の友人が
途中で知らせてくれたものの、
彼女はその場から
逃げ去るしかなかったとか。
 
そんなことされたら、
私だったら逆手を取って、
その男が大恥かくようなやり方で
ふってやりますけどね絵文字:重要絵文字:怒る
 
 
・・・
・・・・・・
とにかく、最近の若い男は
やっぱりダメなのでしょうか?絵文字:くもり
 
日本の男性は、昔はもっと
口べたで寡黙で、
おしゃべりな女性を窘める
というイメージが
あったと思うのですが・・・。
 
そもそも日本の男性が
寡黙だったのは、
言葉の重さや恐ろしさを
知っていたからではないのですか?
 
武士の世界で言えば、
一つ間違えば斬られかねない。
「言葉」 とは、
そういうものだったのでは
ないのですか?
 
「日本男児」の言葉は、
なぜここまで軽くなって
しまったのでしょうか?
 
 
ツイッターも曲者ですよね。
 
「つぶやき」 とはいえ、
言葉の重みや恐ろしさを
自覚して使わないと、
言葉自体を、
どこまでも果てしなく
軽いものにしてしまう危険が
あると思います。
 
「日本男児」「Twitter」
決して相容れないもの
なのかもしれません・・・。
 
ツイッターを使われる方、
自分の言葉が軽くならないよう、
お気をつけ下さいね絵文字:冷や汗
 
 
 
 
 
みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ