ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.5.14 06:56ゴー宣道場

対話型道場、会場も生放送も大盛況!

昨日の「ゴー宣道場」
ニコニコ生放送は、
来場者数・コメント数ともに
これまでの最高記録を
更新する大盛況となりました。


来場者数は先月に比べて2.4倍。
コメントも、一気に殺到して
画面を埋め尽くす場面が何度もありました。

今回は新たな試みとして、
よしりん師範と笹師範が
客席の方まで入って
対話型で進める道場を行いました。

会場参加型で、ハプニング性を
高めながら議題を深められないか
という実験です。

よしりん師範は、
関西で同じ時間帯にやっている
『たかじんのそこまで言って委員会』
を意識するぐらいエンターテインメント
しなければいけないというような
発言をしましたが、それに呼応して

「最近はたかじん見ずに道場見てるよ!!」

「小林さんが描いてきたから
橋下もテレビで言いたいことがいえて
人気が出たのだよ」

というコメントも来ました。

それにしても『そこまで言って委員会』、
昨日はあの宮さま詐欺師の竹田恒泰を
招いて「旧皇族」として扱ってたらしいですね。

振り込め詐欺がなくならないように、
宮さま詐欺もなくなりません。

ニコニコ生放送の
コメントを見ていると、
橋下シンパの書き込みも
相当に多かったのですが、
何だかハンで押したように


「批判じゃなく政策議論をしてほしいわ」

「悪口を言いあって
溜飲下げるのは飲み屋でやれよ」

この2パターンが多かったですね。

要するに、橋下が繰り返す
「評論家なんかいらない。
具体的な政策の話をしろ」

という言い分をまんまコピーしたヤジです。

昨日の道場では、道州制よりも
「藩」や「学区制」の方がいいとか、
日本で欧州型の緊縮財政を
導入する必要はないとか、
具体的な政策の話をしています。


ただ、橋下シンパには
それが理解できないのです。

橋下が掲げ、そのシンパが支持する
「道州制」だの「新自由主義」だのの政策は、
堺屋太一だの大前研一だのといった
お年寄りたちが、10年も20年も前から
言っている古臭ーい政策です。

橋下やそのシンパは既に頭が化石化して、
20年前に「新しい」と言われ、
今ではもうカビが生えてる政策を
まだ「新しい」と思っているのです。

そんな化石脳には、
「坂の上の雲を目指す時代は終わった。
これからは坂の下の土地を耕す時代だ」

と言ったよしりん師範の斬新さなど、
理解できるはずがありません。

これこそ、歴史感覚を宿した
本物の保守の思想であり、政策です。

「復古維新」「温故知新」
という言葉が示すように、
真に新しいものは、
古き歴史の中から現れるのです。

それにしても驚いたのは、
橋下シンパは小泉改革の結果を見ていながら、
未だに弱肉強食の「市場原理主義」が
自明のことと思っていて、
「新自由主義」を批判しても
全く響かないということです。


先日起きた夜間高速バスの大惨事が、
ツアーバスの規制緩和が招いた
ということは各方面で報じられ、
もはや常識かと思っていたのに、
その話題になったら

「世の中普通に競争ですが」

「じゃあ競争がなくなればいいの?
 既得権益もったもん勝ち?」

「規制緩和しなくたって事故するぞ」

「あれ運転手の問題だろ」

といったコメントが殺到したのです。

この辺、橋下シンパの
知性の遅れが顕著に
あぶり出されていました。

しかしこんなこと書く人は、
本当に自分は弱肉強食の
グローバル社会で
勝ち抜けると思って
いるんでしょうかね?

ともかく生放送の反応を見ると、
初めて視聴して「ゴー宣道場」に
興味を持ってくださった方もいるようで、
今回の試みはまずまずの
成功と言えそうです。

これで今後参加者が
もっと気楽にどんどん発言できる
ような雰囲気ができれば、
さらに充実していきそうに感じました。


昨日の道場の具体的な内容については、
今後順次UPされます、
「よしりんと道場生(アンケート)の対話」、
みなぼんの「道場の百年」
そして動画配信をお待ちください!
トッキー

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ