ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2012.6.29 07:31AKB48

AKB48 と「ももクロ」の違い

よしりん先生の
登場でーす
絵文字:笑顔



先日のAKB48の討論のときに、
宇野常寛氏 の態度が
今までと違って
ふてくされてるように見えたのは、
東浩紀氏 とケンカしてるからか?
知人が以前、
二人がTwitterで争っている
という情報を教えてくれたが?

わしは宇野氏や東氏の
言ってることがよくわからん。

宇野氏の本を読んでも、
わしの知らないサブカルチャー
ばかり出て来るから、
おぼろげながらしかわからん。

わしは 「仮面ライダー」
「エヴァ」「けいおん」 や、
そういう世代ではない。
「ウルトラマン」「鉄腕アトム」
「おそまつくん」 の世代なのだ。
東氏に至っては本を読んでも
多分わからんだろうし、
新聞での主張を見ても
理解できない。
わしは保守系の知識人の
言うことはほぼわかるが、
リベラル系、
ポストモダン系の理屈が、
単なる相対主義としか
思えないんだ。

宇野氏はAKB48の
「システム」 を評価してるようで、
「ももいろクローバーZ」
全然評価しない。

だがわしは最近
「ももクロ」がAKBにとって
最も脅威だと思っている。

「ももクロ」ヲタのポカQに
「宇野氏がももクロを
 全然評価しないんだよ」
と言ったら、すごく怒って、

「宇野を呪ってやる絵文字:重要

と言ってたぞ。

ポカQはこう言う。

「AKBは軍隊だ絵文字:重要
 ももクロには苦労を笑いに
 変える明るさがある絵文字:重要

なるほどと思う。

ポカQは戦後民主主義の男で、
『戦争論』にペンを入れていても、
感化されることはなく、
だが純粋に『戦争論』
漫画として評価している。

そういうポカQには
AKBは軍隊に見えるらしい。
それに比べて
「ももクロ」は歌舞伎だと言う。

まったくその通りだ絵文字:重要

わしは「ももクロ」は
年末の紅白に出ると思っている。

そのくらい
存在感が急速に増してきた。

そうなると問題なのは、
AKBは常にSKEやNMBと
抱き合わせで
一枠で出演させられるのに、
「ももクロ」はたった5人で
一枠取ってしまうことになるのだ。

わしはこれは
大問題だと思っている。

AKBは確かにシステムがある。

だが、うかうかしてると、
一代限りの「ももクロ」が、
AKBの時代を終わらせる
可能性がないとも言えない。

AKB48のライバルは
乃木坂46ではない。

「ももクロ」こそが
警戒すべきライバルである。

わしはAKBもSKEも
NMBもHKTも好きだ。

それぞれの部隊に・・・
じゃなくて地域グループに、
どんどん推しメンが増えていくから、
ずっと見守りたい。

しかし危惧することもある。

美少女ばかりが押されて、
チーム4の 島田晴香 の良さが
わからない者が増えてきたら
危ないと思っている。

「ももクロ」を見ろ絵文字:重要

美少女はいないのに可愛いし、
とびきりに元気がいいではないか
絵文字:重要

 

みなぼん

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ