ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.7.19 07:48皇統問題

女性宮家否定は単なる男尊女卑!

皇位継承を、何が何でも
男系に限るという発想は、
「男尊女卑」以外の
何者でもありません。

男系固執派は、
どう言い訳しようと、その本質は
男尊女卑の差別主義者であり、
それを日本の伝統だなどと
デマで正当化し、
日本の伝統まで貶めている
サイテーの人種です。

こういう連中こそ、
差別してやらなければ
なりません。

男系固執の最低人たちにとって、

「男尊女卑という
本質を突く批判は
最も都合の悪いものです。

そこで彼らは最近、
「男系限定の継承は、
実は男性差別なのだ」
などと珍奇なことを
言うようになりました。

これは、あのニセ旧皇族、
単なる宮さま詐欺師の
竹田恒泰が言い出した
詭弁です。

一般女性は皇族と結婚することで
皇族になることができるが、
一般男子は決して皇族になる
ことができないから、これは
男性の方が差別されているのだ
というのです。

情けないことに、
男系絶対を唱える
自称保守の人たちは
今や全員竹田恒泰のスピーカーと
なっています。

竹田が言うことを、
疑いもせずそのまま
オウム返しに拡散していく
脳味噌ゼロの行動を、
全員でやるのです。

そんなわけで、今や
自称保守論壇では
「男系継承は実は男性差別だ」
という珍説が大流行しています。

今日の産経新聞「正論」欄では、
国学院大学教授・大原康男が
竹田スピーカーをやってます。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120719/imp12071903060000-n1.htm

「男系による皇位継承は女性差別であるという

”古典的な”批判について一言、触れておきたい。
確かに、そう取れなくもないが、一方で、
皇族ではない一般女子が婚姻によって皇族となる
ことができたのに対して、一般男子は皇族に
なれなかったということは、男性差別に当たらないのか。
男系主義の裏に潜む、この確かな事実を
見逃してはなるまい」

つい最近竹田恒泰が
思いつきで言い始めたことを、
「この確かな事実」だって!!

大原康男ともあろう人が、

こんなことも知らないとは
思えないのですが、
前近代においては、一般女子は
皇族と結婚しても皇族とは
されていませんでした!

一般女性が婚姻によって
皇族になるということが
一般的となったのは、
わずか53年前、
現在の皇后陛下である
美智子妃殿下からのことです!

それならば、これから
一般男性が婚姻によって
皇族になっても、全く
不都合はありません。

それを拒否したい理由は、
女性皇族が当主で、
男が「入り婿」の
宮家なんかイヤだ!という
男尊女卑感情
以外にはありません!

かつては尊敬もしていた大原氏が、
いまや男尊女卑観念に支配され
詐欺師のスピーカーになり果てるとは、
まさに痛恨の極みなのですが・・・
トッキー

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ