ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.7.26 04:51『わしズム』

本日発売『わしズム』・編集長による全作品紹介!!

よしりん編集長の
登場です!!

・・・・・




わしズムVol.31
   真夏のまなざし号


 いよいよ本日、
 発売されました。


表紙・目次・裏表紙はわしが描いて、
デザイナーの鈴木成一氏が着色しました。


ここまで鮮烈に明るく、
簡略化してしまう
発想は浮かばなかった。


さすが鈴木氏です。
予想を完全に裏切ってくる。


以下に、「わしズム」の目次を紹介し、
わしのコメントを書いておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


天籟 小林よしのり


なんでこんな格好して
写真撮らねばならないんだ?
と思ってたけど、こういうわけか。


今回の古事記特集は、
わしが誰にどこを書いてもらったら
面白くなるかを考えて
執筆者を探して、依頼しました。


いろんな作家の古事記に関する
書物を読みあさって、結構大変だったんですよ。


小説家、エッセイスト、学者、漫画家の連作で、
様々な表現で古事記の面白さに挑むという、
こんな贅沢な企画は誰も思いつかなかったでしょう。


実現できただけでわしは満足です。


執筆者の方々には、大変感謝しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


特集 古事記りばいばる

昔の子供が読んでいた絵本 
いなばのしろうさぎ


昔の絵本って絵がリアルで
丁寧だったんだなあ。

だがなんか気持ち悪い。
大国主命の顔が特に気持ち悪い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古事記国生み神話 小林よしのり


実を言うとわしの漫画は
古事記の厳密な紹介にはなっていません。


日本書紀の記述が混入しています。
「ヒルコ」などはその典型です。


それはわしが日本神話を純然たる
「フィクション」とは見ていないために、
つい「史実」の要素を混入してしまったからです。


ページ数の制限もあるので、
今の段階ではわしはこのような
描き方しかできません。


いずれ日本神話に挑むときは、
もっと目標を明確に定めねば
ならないと勉強しました。


今回は絵を楽しんでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イザナキ・イザナミ
 愛と死のグロテスク
 大塚ひかり


この人、面白いですね。

深い知識に裏付けられた観察が勉強になるし、
本当に感心しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アマテラス大御神と
スサノオの命
 
 
橋本治


橋本治の名を「わしズム」に
載せることが出来るなんて!


この人の古事記は
名文だなあと思いましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MO
妄想SO 天の岩戸 五月女ケイ子


このくらいハチャメチャに描くのにも、
憧れるんだよねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヤマタノオロチはなぜ凄いか 
阿刀田高


見よ!重鎮だぞ!

書いてくれたんだぞ!

大先生、ありがとうございます。


しかしこの写真はなに?
こ・・恐すぎる~~~~~~~~~~っ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古事記天孫降臨 小林よしのり


タカミムスヒの神と高木神の混同は、
わしにはどうしても解けない謎だった。


わしはこういう記述にこだわるから、
すんなり描けなくなるんだよなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豊玉姫と山佐知 泉美木蘭


ハチャメチャと真摯さをうまく融合させて、
面白い作品に仕上げてくれたと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サホビメの悲劇 高森明勅


さすが研究者です。
めったに語られることのない
サホビメを書けるのは、高森氏しかいません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


倭建命の試煉 
久松文雄


子供の頃に夢中で読んだ漫画家が、
今も古事記という大作に挑んでいるなんて!


わしもそんな風に描き続けられるだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たくましい女たち 第3
愛と犠牲 弟橘比売命  笹幸恵


笹さんにこの課題を与えると、
どう書いてくるだろうと楽しみでした。


なるほど、こう仕上げてきたか!


戦争ものより、断然こちらの方が
上手いんだけどなあ、この人。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古事記の中の誌歌
 芭蕉や山頭火の原点   藤井厳喜


古事記の中の詩歌を解説できる人は
と考えた時、すぐ藤井氏が浮かびました。


やっぱり見事にやってくれました。
すごい教養なんだよなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『古事記』
リバイバルの千三百年史
 
高森明勅


締めの解説もこの人に頼むしかないでしょう。

指定の枚数をオーバーし過ぎるのが
難点なんだよなあ。


志儀くんがものすごく苦労する
ことになるから、気の毒なんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

願い事は何ですか?
「まど☆マギ」と「東のエデン」と平成不況 浅羽通明


昔からずっとわしがヒントを得たり、
考えを修正するきっかけにしたりしている思想家です。

この人の知識はハンパなくて、
わしが全然知らないサブカルまで網羅してるからなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「金儲けだけが現実だ」
 と本気で思ってるのか?

  —-首相の原発再稼働発言
    に見る精神の貧困
   上田紀行


ダライ・ラマとも深い対話をした上田氏は、
原発推進論こそ「精神論」だと喝破する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

切通理作のよーしゃないネタバレ!映画館

 『宇宙兄弟』『ウルトラマンサーガ』

  震災後に作られた
  映画の「ホントとウソ」
 切通理作


ウルトラマンサーガ、ついに見れなかったから、
DVDが出たら買うぞ!と思わせてくれた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆七色浸食遊戯☆ 照沼ファリーザ


これどうやって撮ったの?

一歩間違うと逮捕されるよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごーさらし放浪記
 包茎手術で荒稼ぎ! 沖田×華


これ、これ!

女はこれ読んで、痛いと感じるだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

辛酸なめ子のアセンション宣言
 お坊さんヒーリング 辛酸なめ子


辛酸なめ子氏が感じていることは、
普通の人が感じていることと全然違う。


そこが面白い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編集長インタビュー

 眼前の批判に怯まない、
 世論には迎合しない
 
林芳正


正面からがっちり話せる政治家は
この人しかいないかもしれない。


次号にはもう政治家は出さない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴーマニズム宣言外伝 『女について』

 番外編 木嶋佳苗の場合 小林よしのり


木嶋佳苗をことさらブスには描いておりません。

そこは気を付けたので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AKB新参ヲタ大激論!

 人はみな誰かを
 「推す」ために生きている
 
     AKB48と新しい日本の精神

 中森明夫×宇野常寛×濱野智史×小林よしのり


今を生きてない自称保守派の連中よりも、
こういう人たちと話す方が学ぶことがある。


読者もついてきて欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈いま・ここから〉の文化問答 第3

 暴走する「理解不能なもの」への不安 
   –AKB48批判を考える-   宇野常寛

自民党の政治家が
AKB48に文句つけてるんだから呆れる。


真面目に日本のことを考えろ!馬鹿野郎が!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新・主義なベイビー
騙されたっていいじゃない!!
 ちっちゃい妖精と
 AKBをいじめるな!! 
  吉田豪


わしのこと書かれた。

この人のインタビュー受けると、
「記憶にございません」ということが
本当にあるんだって思ってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若者は、まるで何事もなかったかのように

 新しい愛国者が、静かな革命を
  起こしている
  古市憲寿


古市氏、NHKでも見たぞ。

売れっ子だよなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政経警世時評
 グローバリズムは
  歴史の必然ではない
 中野剛志


グローバリズムが人工的なイデオロギーだって
思ってもいない人が多いからなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸福を科学するサル

 ひとはどんな仕事だと
  幸せを感じるのか?
  
—-アメリカの場合    橘玲


この人の論考も、意外なところから
アプローチしてくるから面白いんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴーマニズム宣言外伝 『女について』

 その3 玲奈の場合   小林よしのり


丁寧に絵を描いてるよねえ。

自画自賛。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デジタルとアナログのすきま2

 東京スカイツリーに見る
 新しいコミュニティの可能性
 仲俣暁生


短い文章でピリッと妙味を効かせるのは、
匠の技だと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文明時評
 日本人だけが知らない
 アメリカ覇権思想の恐怖
  西尾幹二


世界史レベルで文明を論じることのできる
貴重な人だからなあ。


宮さま詐欺師や、紋切り保守の世間に
巻き込まれて、個人の感性を失わないようにしてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしの頭も信心から

 尖閣諸島は、はっきり国有化せよ
 領土は不動産ではない
  小林よしのり


しょせんは領土意識すらあやふやな自称保守派。

決別するぜ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よしりん四方山話 小林よしのり


こういう書き方もあるかと、
書いてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回、古事記特集を企画して、
依頼した執筆者の表現を見て、
自分でも描いてみて、
すごく興味がわきました。


日本書紀も含めた神話を題材に、
新たなものを描けるとは思うのだが、
ただものすごい勉強量が必要で、
一巻で終わらないだろうし、
本が売れるのかどうかもわからない。


リスクが大きい賭けになるので、
現時点では踏み出せない。


読者のみなさんが、
この号を読んでどんな感想を持つか、
愛読者カードの到着が楽しみだ。


特集に限らず、
感想を
知らせてくれ
~~~~~~~~~~~~~っ!

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ