ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.8.25 23:00震災・原発問題

美瑛の丘にて脱原発を誓う

結膜炎の
よしりん先生を放っといて、
実家のある北海道で夏休みを
とってきた時浦です。

笹さん、泉美さん、
大変お手数おかけしました。

最近観光地として人気のある

美瑛に行ってきたのですが、
起伏のある丘陵地帯が
きれいな田園風景のパノラマになっており、
そこに観光農園の花畑が鮮やかな色彩を加え、
見事な風景が作られていました。

それを見ながら、74歳の母がしみじみと、
「ここまで開拓するのは、大変だったろうねえ・・・」
と言います。

母は、開拓農家の娘です。

樹木を切り倒し、その巨大な根っこを掘り起こす。
ごろごろ転がる岩を取り除く。
用水路を引き、水を確保する。
機械化など全くない時代に、これだけ
高低差のある土地を開墾するのは
並大抵のことではなかったろうと、
即座に思い浮かぶのです。


「開拓の苦労は、いくら言っても
経験しない人には分からないだろうねえ・・・」
とも、必ず言います。

母は、農作業時の事故で弟を亡くしています。

全国どこの田園風景にも、
代々その土地を育んできた人々の
汗や涙や、命が刻まれているのです。

ところがそれが、
近くで原発事故が起これば、
すべてが一瞬にして
無に帰してしまうのです。

そういうことが、
福島では実際に起こりました。

母は10歳まで福島で育ち、
今も親戚が大勢います。

こんなことは二度と起こしてはならない。
二度と起こるような確率は、
絶対ゼロにしなければならない!

そう主張したら、
「輸入の燃料費が
かさむじゃないか、国賊!」
と罵ってくる人がいます。

どういう「人でなし」でしょうか?

こんな人が唱える「愛国」って、
いったい何を愛しているのでしょうか?

『脱原発論』
大反響発売中です!!

そして9月16日
ゴー宣道場の特別イベント

『倫理と成長の脱原発』
開催されます!!

世田谷区等々力の

玉川区民会館ホールにて正午から!

入場料は、お一人900円です。

拡大版「ゴー宣道場」は、

このHP上からの応募も可能です

「参加申込」のバナーをクリックして頂き、

参加申し込みフォームからご応募下さい絵文字:晴れ



もちろん引き続き、ハガキでのご応募も受付けています絵文字:重要

往復はがきに、『拡大版ゴー宣道場参加希望』と明記、

さらに、


1. 
氏名(同伴者がいる場合はその方の氏名と続柄・関係など)

2. 住所

3. 電話番号
4. 
年齢
5. 
職業(学生の方は学校名)
6. 
募集を知った媒体
7. 
応募の理由と道場への期待

返信はがきの宛名には、ご自分の氏名・住所をご記入の上、


152-8799

東京都目黒区目黒本町1-15-16 目黒郵便局・局留め

『ゴー宣道場』代表・小林よしのり、担当・岸端


まで、お送り下さい。


応募〆切は、申し込みフォーム、往復ハガキ共に

平成24年9/3(月)必着


ネット、ハガキ共に、

当選された方にのみ当選通知を送らせて頂きます

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい



皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要

トッキー

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ