ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2012.8.30 03:35ゴー宣道場

『脱原発論』の売れ方はイデオロギーを超えている!

再び、よしりん先生の
登場です
絵文字:重要絵文字:晴れ



『脱原発論』 は現在 『国防論』 と
同じくらいのペースで売れている。

 「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『脱原発論』

実はこれは非常に
不思議な現象なのである。

いわゆる保守層は
「原発推進」 に決めてしまっている。

だから、
「脱原発」 などという
言葉は聞きたくもないし、
読みたくもない。

ごっそり保守層が
抜けているにも関わらず、
以前と同じペースで売れるということは、
イデオロギーに関係なく、
新たな読者が流入している
ということなのである
絵文字:重要

小学館は今まで広告を
出さなかったメディアを
狙うという。

正解だ絵文字:重要

保守の言論人は、
「世間」を作っていて、
産経新聞や財界に
追随しなければ、
意見の発表の場が
なくなってしまうし、
生活に関わってしまうのだ。

要するに、身過ぎ世過ぎで
「原発推進」の立場を
取らなければならない、
哀れな身分なのである。

だから奴らは
「個人」 の意見は出せない絵文字:重要

「原発推進」という
「空気」が流れたら、
どわっと「魚群」のように、
そちらに向いてしまう。
それが現在の保守である
絵文字:重要

誰に聞いても同じ意見絵文字:重要
紋切り型の金太郎アメ絵文字:重要

それが現在の保守の惨状なのだ。

言っておくが、
「原発推進」などは、
保守でも何でもない。

「原発 利権 保守」という
保守ではあるが。

そのような言論における
「魚群保守」に、
実はもう自民党も
巻き込まれている
絵文字:重要

そもそも自民党の政治献金は、
財界からもらうのだし、
今まで原発関連企業から
たんまりもらってきたのだ。

その自民党にいずれ
政権交代する可能性は大である絵文字:重要
何一つ安心できる状況ではない。

わしは、河野太郎氏
そのときの布石として、
実は来ていただくことを企んだ。

河野氏には
失礼な表現かもしれないが、
今は党内で浮いているであろう
河野氏に、自民党内の
原発推進勢力に対抗する
パワーとなって頂きたいのだ。

河野氏の良い所は
「魚群」にならぬこと絵文字:重要

「空気」を読まず、
「個人」で主張を貫けることだ絵文字:重要

9月16日(日)
「拡大版 ゴー宣道場」は、
実は政界へのロビー活動でも
あると考えてほしい。

河野氏から、どうやって
自民党内に勢力を築くかだ。

ここまでわしが
手の内を明かしているのだぞ。

わしはデモだけではダメだと思う。

民意を政治に活かす活動を
しなければならない。

だが、もっと問題なのは、
国民の側のニヒリズムだ
絵文字:重要

わしの戦いは、常にこの
国民のニヒリズムとの戦いだ絵文字:重要

日本において、天災も含めて
「自然」というものに敬意をはらう、
本質的な国柄に立ち返るための
科学に復古して、
新たな成長を目指そうと、
わしは言っている
絵文字:重要

いいか絵文字:重要
ニヒリズムをやめろ
絵文字:重要

さっさと
「拡大版 ゴー宣道場」
応募して、絶対に来い
絵文字:重要

マジになれ絵文字:重要マジに絵文字:重要

 



「ゴー宣道場 拡大版」
『倫理と成長の脱原発』

9月16日(日)正午から
世田谷区等々力の
「玉川区民会館ホール」
開催します絵文字:重要

入場料は、お一人900円です。
 

拡大版「ゴー宣道場」は、
このHP上からの応募も可能です絵文字:重要絵文字:重要


 

下のバナーをクリックして頂き、参加申し込みフォームからご応募下さい絵文字:良くできました OK

 拡大版「ゴー宣道場」/参加申し込みフォーム

 
もちろん引き続き、ハガキでのご応募も受付けています絵文字:記念日
 

往復はがき に、『拡大版ゴー宣道場 参加希望』 と明記、

さらに、


1.   
氏名(同伴者がいる場合はその方の氏名と続柄・関係など)

2.    住所

3.    電話番号
4.    年齢

5.   
職業(学生の方は学校名)
6.   
募集を知った媒体
7.   
応募の理由と道場への期待

返信はがきの宛名には、ご自分の氏名・住所をご記入の上、

152-8799

東京都目黒区目黒本町1-15-16 目黒郵便局・局留め

『ゴー宣道場』代表・小林よしのり、担当・岸端


まで、お送り下さい。

応募〆切、申し込みフォーム、往復ハガキ共に

平成24年9/3(月)必着

ネット、ハガキ共に、

当選された方にのみ当選通知を送らせて頂きます絵文字:記念日
 
当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

 

みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ