ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2012.9.19 03:37AKB48

AKB48じゃんけん大会は気迫ではなかった!

よしりん先生の
登場でーす
絵文字:重要絵文字:笑顔



AKB48の
じゃんけん大会に行ってきた。

まず新曲 『UZA』 の全貌に驚いた。

これはもう
「萌え」 とか 「少女」 とか
「制服」 などで括られる
AKB48のイメージを
すべて取っ払った冒険だ。

前田敦子卒業後、
AKB第二章となると、
ここまで大胆な
イメージチェンジをするのかと、
その飽くなき挑戦意欲に
舌を巻いた。

大島優子
松井珠理奈 のWセンターで、
現在のAKBが持つ
ダンスのスキルの極限を、
男性のダンサーと競わせてまで
引き出してきた。

これなら確かに
優子と珠理奈のWセンターで
ダイナミックさを出す
意義が分かる。

しかし
優子のダンスはすごい。

ほとんど空中に
浮いてるような瞬間を
見てしまった。

『ギンガムチェック』
AKBの原点に戻ったのも、
次作『UZA』との落差を
強調するためだったのか絵文字:重要

しかも
わしが気に入ったのは
この新選抜の中に
山本彩宮脇咲良
入っていたことだ。

彩ネエなら確かに
このダンスはこなせる。

AKBの中で彩ネエを見ると、
益々彼女のカッコ良さが
目立ってくる。

彩ネエ好きだ~~~絵文字:重要

そしてHKTから
咲良ちゃんというのが驚愕だ。

咲良ちゃん、
確かに総選挙でHKTから
ただ一人浮上してきたが、
次々にチャンスを
与えられている
ラッキー・ガールだ。

この曲に
咲良ちゃんのロリっぽさが、
まったく合ってないのが、
また冒険的で面白い。

新曲 『UZA』 はすごい絵文字:重要

早くMVも見たいし、
テレビで何度も見たい。

一点気に入らないのは、
やっぱり男のダンスだ。

男、嫌い。

ジャンケン大会は
疲れるイベントだ。

いちいち力が入って、
ずっこける場面が多い。

みおりん
あと一歩で負けた。

だが、
レモンの衣装着て、
ひょこひょこ走り回る姿が
すごく可愛かった。

まゆゆ もずっこけた。

たった一回
勝てばいいだけの
シードなのに負けるなんて、
期待を裏切りすぎて
きゅんと来た。

平松可奈子 もずっこけた。

選抜に入ってほしかったのに
負けるなんて憎めない子だなあ。

みるきー もずっこけた。

あんなにシャンプーの泡
いっぱいくっつけた
萌え萌えの可愛い衣装を着て、
もっともっといっぱい見たいのに、
あっさり負けるなんて
いけない子だね。

入山杏奈
やっぱり美人さんで
期待しちゃうぞ。

阿部マリア
スタイルの美しさには
惚れ惚れしたさ。

近野莉菜佐藤聖羅
ナイスバディには見とれた。

特に聖羅の大胆不敵さには
もう降参だよ。

これから注目するからね。

石田晴香多田愛佳
仲川遥香 の可愛さに
今さらながら気付いた
わしを許してほしい。

らぶたんは
博多に追っかけていこう。

優勝はぱるる だった絵文字:重要

だがな、
じゃんけんは気迫とか、大嘘だ
絵文字:重要

あんなに気負いのない、
ほわほわした表情のままで、
次々に勝ってしまうのだから
あきれた。

たしかに マリコさま
内田眞由美 のように、
じゃんけんの強い人間が
いるらしい。

去年のマリコさまは
気迫に満ちていたから、
勝利が劇的になり、
優勝して泣いて
感激を表したから
ドラマチックだったが、
ポンコツぱるるが優勝しても、
劇的も感動もない。

もちろん大会は
面白かったのだが、
さすがぱるるの
脱力した世界観だ。

「あれれ?」 という
優勝だった。

そして性急に
世代交代を望む
新参ヲタにとって、
次世代に押されている、
ぱるるセンターが
見れるのだから、
じゃんけんの神の采配は
味なことをするものだと
納得した。

ぱるるセンターの新曲では、
また 「萌え」 の要素が
復活するかもしれない。

それもまた
緩急が付いて楽しみだ。

それから
ジャンケン大会には出てなくて
全然関係ないんだけど、
帰りがけにたまたま
SKEの 古川愛李 ちゃんに
声をかけられた。

彼女は
『ゴー宣』も知っていて、
漫画好きのようだ。

総選挙ですごい可愛い子が
いるなと思っていたが、
間近で見ると
知性的な美人だった。

これからは注目していくぞ。

推しメン、どんどん増えるな。

しかし
峯岸みなみみおりん
あっさり負けた。

今夜のニコニコの生放送は
どうすればいいのだろう?

困った。

 

みなぼん

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ