ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2012.9.20 04:07AKB48

AKB48 週刊新潮と週刊文春の差

よしりん先生の
登場です
絵文字:重要



成功者を妬む日本人の
ムラ体質を顕わにした
「週刊新潮」 が、
また秋元康の都市伝説を
作っている。

本人の才能を全く無視して
人格攻撃をするのは、
本来「奇形左翼」の手口なのだが、
最近では 「奇形右翼」 というものが
現われているのだろう。

産経新聞を根城にした
自称保守やネトウヨどもも、
「奇形右翼」と
言えるかもしれない。

モーツァルトだって、
ピカソだって、
天才の人格なんか
問題にしたって、
作品が凄ければリスペクト
するしかないではないか。

「週刊新潮」
何のためにやってるのか?

日本人の嫉妬体質は
老人の中に最も多いから、
「週刊新潮」の読者層である
老人向けに
商売してるだけである。

「週刊文春」 になると、
ちょっと違う。

もう少し年齢層が下がって、
読者層がおっさんだから、
AKBに興味のある
中年読者もいるのだろう。

だからメンバーの
スキャンダルで攻めてくる。

これはもう仕方がない。

テレビのワイドショーが
AKBのスキャンダルを報じない分、
「週刊文春」だけでも
許さないと不健全だ。

言っておくが、
わしは芸能事務所が
タレントを守るために、
所属タレントの
スキャンダル報道を封じるのも、
当然だと思っている。


所属タレントは
大事な商品だという
意識がない芸能事務所なんか
無意味である。

わしはAKBメンバーの、
特に推しメンの
スキャンダルを恐れるが、
「週刊文春」が天敵なのは
わかってるのだから、
メンバーの側が
無防備にしてることの方が悪い。

「週刊文春」
スキャンダル路線はOK

「週刊新潮」 のムラ老人の
嫉妬路線はNO

わしの考えはこれだ。

 

みなぼん

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ