ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.9.20 23:00ゴー宣道場

よしりんと道場生(アンケート)の対話・その1

よしりん師範と
道場生(アンケート)の
対話をお届けします!

・・・・・



29回「ゴー宣道場 拡大版」
『倫理と成長の脱原発』
916日、玉川区民会館で
開催されました。

終了後のアンケートは
260枚も集まって、
読むだけでもすごい時間が
かかってしまいました。


今回はなるべく多くの方の
内容を紹介したい。


わしの回答は一言にします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ゲストの方々の話の面白さに魅了されました。

今回のテーマに相応しい人選だと思いました。

(東京都・45歳・アルバイト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私は原発問題について無関心な人間だったのですが、
 そんな私でも理解し、共感してしまいました。

 ただ共感するだけでなく何か小さい行動でも
 起こしていきたいと決意できました。
 先生方の熱意も素晴らしいですし、お話がとても上手です。

 (東京都・30歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆冒頭の映像と第1部で小林先生が「失われた国土」として
 放射能で汚染された地域を挙げられましたが、
 正にその通りだと思いました。自分は国防の役を担う
 組織の一員でありますが、国を守るということは、
 外からの危険から国土を守ることだけではなく、
 内で芽生える危険のタネを見つけ出し、
 それを未然に防ぐことだと思います。

 (東京都・19歳男性・学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わしを含む日本人は、自ら国土を汚し、
ゴミのように放棄したわけです。最悪です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小林師範の「原発の危険性を安易に考えていた。
 間違っていた」という発言には、涙があふれました!

 (福岡県・41歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆動画の飯舘の歌がとても悲しく、心にズシンとひびきました。
 最初に流れたこの動画がみんなの心に変化を
 もたらしていたんじゃないでしょうか。

 夢とか理想はあたたかくていい。でも原発に関しては
 どこまでもシビアにとらえなければ、どうせまた3.11以前に戻る。
 国民全員が活動家になるように運動するのでは
 ダメだとわかりました。小林先生の言葉が
 全てのモヤモヤを解決する瞬間が何度もありました。

 (栃木県・36歳女性・サービス業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


飯舘村は原発立地地域ではありません。


国からの交付金もないし、
自分たちで荒れた土地を開拓して、
自分たちの営みで生活をしていただけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今回の話を聞いて、政府と国民の間にずいぶんズレが
 生じ始めているのだなと気付きました。国民主権と言いながら、
 政府がメディアを通して国民を無理矢理操作しようとしているのは
 酷い状況だと思います。民意に反してでも続けたい理由が
 あるのでしょうが、私はふるさとが好きです。なので原発に反対します。

 今回ゲストの方がたくさんいらして、とってもにぎやかでした。
 少しふわっとした希望を述べる女優の方と、現実的な希望を示す
 よしのり先生の対話が聞けて、なんだか不思議な道場でした。
 情報戦の時代を迎えているんだなあと、ツイッターなどの話を
 聞いて感じました。男の世界は恐ろしく、激しいことをできる
 自信はないので、効果は薄いですが選挙や署名を地道に
 やっていこうと思います。二者択一ではなく、
 自分ができることをしていきます。

 (東京都・20歳女性・学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小林先生が、今の日本の原子力政策の行きづまりは、
 かつての日中戦争の行きづまりと似ていると指摘していましたが、
 同感です。泥沼状態におちいり、今までに投じた膨大な予算を
 無駄にしたくない、不良債権としたくないから決意を
 先延ばししております。このまま先延ばしすれば、日米開戦、
 沖縄失陥、広島・長崎への原爆投下、ポツダム宣言受諾と
 破滅的結末に突き進んで行くと思います。
 責任を取りたくない政治家たちに具体的な代替エネや
 廃炉の手順まで用意して即脱原発という「聖断」をさせねばなりません。

 (新潟県・35歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まったくその通り。

だが今の政治家は、
斉藤隆夫の粛軍演説とか
知らないのだろうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆堀辺師範の発言を小林先生が補足して説明された部分が
 冒頭の飯舘村の映像や歌詞とオーバーラップして、最も印象に残った。
 また、真の意味で保守といえる人はどこにいるのかと。

 (東京都・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


社稷の話ですね。
今の自称保守派は
知らないだろうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今まで「脱原発」や「原発反対」というのは思いであったり
 自分の中のスローガンといったニュアンスでしかありませんでしたが、
 具体的な話が聞けて少し意識が変わった様に思いました。
 確かに東電の会計は一般のサラリーマンにとってもおかしいと思えたし、
 河野先生の抑止力の矛盾の話も納得でした。なかなかこういう
 具体的・理論的な話は今まで無かったので、
 聞けて大変興味深かったです。

 同年代で髪の毛を染めてる方が非常に良い事をおっしゃってて
 感心しました。原発推進は男のしがらみの象徴、
 まさしくその通り、痛いご指摘でした。

 (茨城県・37歳男性・製造業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


津田大介氏のことですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私は仕事がら、心や情というものや、観念的なことを考えて
 生きているのですが、城南信用金庫の理事の方々や小林先生は
 具体的にアクションして、理論的に社会にうったえかけていらっしゃる事を
 とても尊敬します。女性的な感性や笹さんがおっしゃった
 「おそれ」や「想像力」というものを育む情の面で、僕は仕事で
 社会に還元できないかと考えています。

 (東京都・36歳男性・映像製作)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆パートで働いていると給料が安くて生きる気力が失われていくんですが、
 生きるモチベーションを回復させてくれる討論でした。

 1%の富裕層の既得権益のために99%の一般労働者が搾取される
 社会をなんとかしたい、あきらめないで地道にコツコツやろうと思いました。

 (福岡県・41歳男性・パート)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「シャショク」、初めて訊きました。どのような字をあてるのか
 分かりませんが、土地はただの不動産ではなく、
 そこは先祖の魂がしみついている。原発事故で多大な「国土」が失われた、
 そしてまたその可能性を生みだしかねない原発には、危機感を抱かない。
 その一方で、尖閣諸島に関しての「国土」には異常な執着を持つ。
 小林師範が指摘されるように、ここには矛盾が生じています。
 しかし、その点には疑問を持たず、尖閣はただのシナへの当てつけにすぎず、
 保守の人々には元々「国土」に関する興味はないのでしょう。

 小林師範の「原発は電力のバブル」は名言です。

 原発推進は男で、脱原発は母性だというのは納得できます。

 (神奈川県・26歳男性・大学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


倫理を捨て去った
自称保守派は
100%間違っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆中小企業の方のお話はよかったですね。福島ご出身とのこと。
 郷土愛からくるものもあったのでしょうね、新製品の発明は。

 (東京都・49歳女性・派遣、母)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ゲストの方々が四人四色で興味深い話をされて楽しかった。

 特に河野先生は科学的な理論をわかりやすく説明してくれて助かったし、
 理事長の話はテンポとリズムが良く実体験が伴って痛快でした。

 来週にでも城南信金の口座、開設したいと思います!

 企業という立場で脱原発を掲げて行動する話に心を打たれた。

 私が勤める保険会社はどうだろう? 逆に原子力保険というものを
 引き受けていて、事故が起こった際は補償をする仕組みとなっている。
 これって原子力ムラを援護していることになっていないか? 
 これを廃止すると全て自腹を切ることになり青ざめるだろーなー

 (千葉県・38歳男性・保険業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わしも城南信用金庫に
口座を開設しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆福井県は原発銀座とよばれています。
 市議会議員、県議会議員も推進です。新聞でも雇用の問題が
 連日報道されています。いなかは都会に比べて雇用もないですし、
 交付金にたよらないと生きていけません。私は脱原発を望みますが、
 原発に頼らないお金の交付や産業がなければ、
 現実的には難しいと思います。ただ国の決定次第でいなかは
 国のいいなりですので、都会の人たちにがんばっていただきたいです。

 (福井県・45歳男性・不動産鑑定士)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


交付金という麻薬が
なかなか手離せない
生活実感もわかります。


原発立地地域にこそ
雇用をもたらす
再生エネ特区にすべきでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「脱原発」論とは「国土」論であり、「郷土」論であると改めて確信した。
 新自由主義による地方の崩壊(中流層の消滅、地域共同体の空洞化など)、
 すべて原発、竹島、尖閣等の問題は、同根だと考える。
 しかし“保守”は分かっていない。そうした「国土」としてのパトリを守る
 という総合的な“常識”を復活させるしかない。

 (神奈川県・27歳男性・団体職員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ゴー宣道場に来て本当に良かったです。力強さと現実を変える人々の
 集まりであることを肌で感じ取れたので本当に良かったです。
 福島出身の人間として、心から感謝します。

 (東京都・36歳女性・施術師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆橋下市長の転換等で脱原発について政治の面は
 余り期待できないかなと考えていましたが、
 小林先生の「なら民間でやろう」
 という考えにははっとしました。木内さんの話にもありましたが、
 いつの間にかどこか当事者意識が薄くなっている自分に反省です。
 後コストについて廃炉は別として減価償却計算を考えていない
 という話について、製造業に携わる人間としては呆れてしまいました。

 感想で良く出る意見だけど、もっと怖いのかと考えたのだけど、
 笑いがひんぱんに起きて嬉しいというか安心して見てられた。

 (滋賀県・31歳男性・生産設備製造、含むソーラーも)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆恥ずかしながら、東電社員です。311までは社員ながら
 原発の危険について無知でした。思いを新たにし参加しました。
 河野さん、吉原さんの話を聞き、東電の役員は経営者ではない、
 ただの拝金主義者、お飾りなのだと思いました。真の経営者として
 脱原発を選択し、その具体策をとって欲しいと切に願います。
 それが東電の生きる道だと信じます。

 社内は今でも、原発の危険性を正確に分かっていない人、
 分かっていても脱原発とまでは言えない人が多くいます。
 微力ながら、今回学んだ方法論を地道に実践し、
 洗脳を解く努力をしたいと思います。(自戒を込めて…)

 (千葉県・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東電社員でこのような会に
参加してくれたことが嬉しいです。


今後を頼みます!


密かに善導してあげてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆“希望”を確かな手応えで持ち帰ります!

 今日は参加することができ、本当に嬉しく、
 感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございました。

 またクジ運の悪い私が、生まれて初めて(!)“まんじゅう抽選会”で
 おまんじゅう、ゲットさせて頂きました。
 しかも小林先生から・・・。出来たてを食べたいけど、
 しばらく手元に置いておきたいような・・・複雑です(泣)

 (神奈川県・43歳女性・事務職)  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


喜んでもらえてうれしいです。


アンケートの紹介と回答、
まだ続きがあります。

                             

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ