ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.9.27 03:34震災・原発問題

『脱原発論』愛読者カードの感想ご紹介!

歴史的警世の書
『脱原発論』!

その意義をしっかりと受けとめ
熱い感想を綴った愛読者カードが
続々届いています!

ごく一部ですが、ご紹介します!


4号機の危機迫る描写のくだりでは、生きた心地がしませんでした。
先生の言われる「危険だから止めろ」以外に答えはありません。
よくぞ福島まで行かれ、ここまで描いて下さったと思います。
いまだに原発信仰を続ける人たちは、末代まで子孫をつなごう
とする本能すら亡くしてしまったんですね。サル以下です。
そんな人たちに自分の健康や命を預けるなんてもっとバカですね。
この本が多くの人に読まれるよう願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「若い世代に『原発のない好景気』を味わせたい!」
あとがきでの小林氏のこの言葉ですが、当年35歳で「原発の不景気」
に育った世代の一人である私にとって、非常に魅力的に聞こえました。
奇しくも知人が「原発の発電容量の増加と日本経済の成長率は
反比例している! 『脱原発で日本経済に打撃』という原発推進派の
主張は大ウソだ!」とわざわざデータ付きで教えてくれました。
今こそ老若男女が力をあわせ、日本が原発抜きでも経済成長
できる国となるようがんばりましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は飯舘の隣接地、月舘町の出身です。

この年齢(昭和21年生)になるまで原発を知らず、今日まで生きてきました。
恥ずかしい限りです。原発を設置するにも反対で騒いだ記憶もありません。
3.11以降、初めて各種本を買って勉強しました。最終処理も出来ず、
見切り発車した行為に許せない憤りを感じます。
5月の連休に放射線量を測り、驚いてしまいました。浪江9.9、
浪江町津島5.2、川俣町山木屋3.7、12年5月現在です。
私達の町の隣接地区にも一部避難地区と残された戸数の人達との
線引きで補償された人達とされない人達の間にトラブルがおき、
部落間の人間関係まで壊してしまいました。
コミュニティを壊し故郷を台なしにした国、東電が憎い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力発電といっても、結局タービンを回すため、と知ってズッコケた。

そのために、10万年の負の遺産をのこすのか!
進むべき道は「倫理と成長の脱原発」。子育て中の私も
大いに希望を持ちました。風力発電がんばれ!
「風は吹いている」!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予想通りの素晴らしい内容でした。

すでに4冊購入、1冊は市長へ(それを通じて副市長や各部長へ)
2冊目は環境部長へ(放射能問題の中心部局)
3冊目は自民党会派議員へ(それを通じて他会派へ)
4冊目は私の手持ちで、知人にすすめる見本に使ってます。
我がM市はこの7月から全小中学校、市役所、教委、公民館、
保健センターなど30施設余をPPSに切りかえました。
(自民党市長ですが)
この本はサンケイらのデマ宣伝をバッサリ切る、格好の
テキストになります。原発ブラボー団粉砕!
脱原発は脱電力会社から、M市の極左市民より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は脱原発論者確定です。

皇室を敬愛し、神社神道を信仰する者としては、
伝統文化を破壊する原発は反対ですね!



アナログの感想も、いいものですねー。

「脱原発」は思想の左右関係なし!
また紹介したいと思います。
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ