ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.10.2 02:13政治・経済

本日配信「ライジング」も安倍晋三の陥穽ズバリ批判!

安倍晋三シンパのネトウヨのツイートを
「バカ釣り」と称してからかってたら、
「時浦さんの言葉遣いは
少し選んだほうが良いと思います。
あの言葉遣いでは、
せっかくの公論が台無しに思えます」
なんて言う人がいます。
ご忠告感謝します
・・・と言いたいとこですけど、
じゃあ何ですか?
お上品に、丁寧に、
「全くおバカ様でいらっしゃいます」
とでもお書き申し上げれば
よろしいのでございますですか?
どんな言葉遣いで言おうが、
バカはバカ!
バカをバカとも言えないような
空気ができることこそが
「公論」の危機でしょう?
現にいま、安倍晋三の病気について
とやかく言うなという空気が強引に
作られようとしているのだから、
それを突破するためなら、
あえて乱暴な言葉だって使いますよ。
というわけで、ここで先日釣れた
とっておきのバカを紹介しましょう!
「他人の病気の事ばかりいつまでも
あげつらってんじゃないよ。
小林よしのり自身が結膜炎で
AKBのドーム公演見損ねたんでしょ。
相手の立場を自分に重ね合わせて
考えてください」
どーです、このバカ!!
よしりん先生は、
他人に結膜炎をうつしてはいけないという
「公共心」を優先して、「私心」を抑えて、
最高に楽しみにしていたドーム公演に
行くのを断念したのですよ。
仮に誰かが結膜炎になったとしても、
「小林よしのりに東京ドームで結膜炎を
うつされた」なんて特定できるわけないんだから、
黙って知らんぷりして出かけることは
できたはずです。
それでも人に迷惑は
かけられないと自粛したのです。
そのよしりん先生と
重ね合わせて見るのなら、
安倍が取るべきだった
態度は明らかでしょう。
難病抱えたままで
総理の重職に就いたら、
いつ国民に迷惑を
かけることになるかわからない。
「私心」では意欲が残っており、
未練もあるが、
「公共心」を考えれば、
潔く身を引く。
これこそが公人としての
あるべき姿
だったんじゃないですか?
この程度の公私の区別もつかないバカが、
現在の安倍晋三の支持者なのです!
自民党は、こんな連中の言うことを
「民意」だなんて思ったら、
決定的に国を誤ることになりますよ!
本日配信される
「小林よしのりライジング」は、
政治家が「私的な美学」に酔うことの
危険性をズバリ批判します!

http://ch.nicovideo.jp/article/ar9245

今週も必読です!!

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ