ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.10.3 02:25よしりん先生の登場

慰安婦問題はなぜ解決しなかったのか?

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・




「拡大版 道場」の後に油断していて、
毎週の「ライジング」配信に追われ、
14日の「ゴー宣道場」の宣伝を
完全に忘れていた。


10
14日(日)の「ゴー宣道場」は
慰安婦問題、アゲイン!だが、
要するに趣旨は
日本の右傾化の原点に戻ろう
ということだ


「慰安婦強制連行説」
との戦いがなければ、
現在の日本のナショナリズム高揚の
きっかけはなかった。


アメリカの新聞から
「日本は右傾化してる」
と書かれる状況もなかった。


安倍晋三とはわしが
「新しい歴史教科書をつくる会」の
理事をやってた頃に知り合った。


亡き中川昭一もその頃に知り合った。


わしは日本の右傾化の
原点からずっと観察してきた。


「空気」は変えられたのだが、
結局、その原点である
「慰安婦問題」は決着させられなかった。


いや、国内的には
「強制連行」などない
というのは常識になったが、
国際的には逆に
「性奴隷」という認識が
拡がってしまった。


なぜそうなったのか?


誰がそうしたのか?


あの頃、再生したナショナリズムは、
安倍政権の誕生で結実したかに見えた。


それがなぜ挫折し、
なぜこのような
ネトウヨとの連携という
歪な形で甦ろうとしているのか?


「保守」というものの
定義が出来なかったことに、
大きな原因があるとは思う。

では、なぜ
定義が出来なかったのか?


オルテガやバークなどの
海外の知識人を持ち出して、
一部の知識人だけで
保守とはなんぞやの
定義をひけらかしても、
言論オタクを作り出す
ことしか出来なかった。


「美しい日本」などという戯れ言が、
「下痢まみれの日本」でしかないのは、
もうわからなければならない。


「倫理」も「道義」もない
「醜悪」なナショナリズムは、
ネットの負の側面である
「匿名性」を利用した
「空気」の圧力で作られた


いわば「地下ナショナリズム」
というべきものであろう。


「地下ナショナリズム」が
日本をさらに
劣化させていく恐れがある。


若者はもう慰安婦問題の
発生もその帰趨も知らない。


今こそ、原点に返ろう!


いや、何度も
原点に返るべきなのだ!


次回「ゴー宣道場」
慰安婦問題、アゲイン!』の
応募締め切りを5日、金曜までに延ばす。


しっかり話し合おう。


次回から体制が変わるので、当日話す。



第30回ゴー宣道場は

平成24年10月14日(日)午後1時 から
『人事労務会館』 にて開催します。


「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』 の 北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

入場料は、お一人1000円です。

参加ご希望の方は、

往復はがき に、『第30回参加希望』 と明記、

さらに、


1. 
氏名(同伴者がいる場合はその方の氏名と続柄・関係など)

2. 住所

3. 電話番号
4. 年齢

5. 
職業(学生の方は学校名)
6. 
募集を知った媒体
7. 
応募の理由と道場への期待

返信はがきの宛名には、ご自分の氏名・住所をご記入の上、

152-8799

東京都目黒区目黒本町1-15-16 目黒郵便局・局留め

『ゴー宣道場』代表・小林よしのり、担当・岸端


まで、お送り下さい。

応募〆切 は

平成24年10/5(金)必着

当選された方にのみ当選通知を送らせて頂きます絵文字:記念日
当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ