ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.10.10 12:59よしりん先生の登場

新たな実験を始めよう!

よしりん先生、
連投です!!

・・・・・




これは「ゴー宣道場」の
師範方、関係者にも
知っておいていただきたいのだが、
わしが今、
一番考えていることは、
敷居を低くすること、
間口を拡げることだ。


わし自身の性格もあって、
どうしてもより深く、
より濃密にと考えてしまう。


例えば『小林よしのりライジング』も、
楽しませたいあまりに、
どんどん重厚になっていく。


これを毎週楽しみで、待ち遠しくて、
と言ってくれる読者は、
ものすごくありがたい!


それは元々
『ゴーマニズム宣言』の
長年の熟読者であって、
リテラシーの高い読者だ。
社会問題を考える熟練者なのだ。


この読者を満足させようと
頑張っていったら、
例えばニコニコの
ホームページから入ってくる、
一見さんは、いきなりの濃密な
『ゴーマニズム宣言』を読まされて、
ひいてしまうことになる


「うわっ、こんなに難しい内容なのか!」
と驚いて、去って行ってしまう。


『ライジング』にしても、
「ゴー宣道場」にしても、
お得意さんを満足させることに
情熱を注ぎ過ぎると、
一見さんがどんどん減っていって、
「タコツボ化」してしまうのだ。


『ゴーマニズム宣言』は
やはりそうなっていった。


どんどん文字数も増え、
どんどん濃密になっていって、
お得意さんは益々喜ぶが、
一見さんは敷居が高くて
入れないようになった。


「ゴー宣道場」も
すでにそうなってしまっていると、
わしは思う。


「もっと敷居を低く」
「もっと間口を拡げる」、

それが『ライジング』にも、
「ゴー宣道場」にも、
求められる課題なんだと思う。


よって次回道場からは新体制で、
その問題を解決する方向に
向かうことにした。


質疑応答も、やはり再開する。


どんな稚拙な質問でも、
師範方にそれを受け止める
度量が欲しい。


「小林よしのりチャンネル」の
「生放送」や『ライジング』も、
敷居を低くして、
より多くの人たちを
楽しませるように工夫する。


たまたまやってみた
前回、前々回の「生放送」は、
大変成功した。


この秘書みなぼんをアシスタントにして、
ギター弾きながら
言いたい放題の形式は、今後も続ける。


来週
18日、木曜日の「生放送」は、
秘書みなぼんとやることになっている。

それとは別に、
今週金曜日の「生放送」
『よしりんに、きいてみよっ!』
は、新たなアシスタントを迎えて、
できるだけ間口の広い
脱原発論
やってみようと思う。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv111154505

深刻に語らなくてもいい。


面白おかしく
原発問題を語っていいのだ。


そうしなければ、
経団連と握手した安倍自民党によって、
原発はもう、どんどん再稼働されていく。


破滅に向かう流れを、
なんとか断ち切る番組を
作れないかと考えている。


できれば毎週でも
脱原発論
生放送を続けたいのだが。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ