ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2012.11.19 23:56

安倍晋三氏に期待しない

そこここから、安倍晋三首相待望論が聞こえてくる。

だが私は、安倍晋三氏に期待しない。

期待しないどころか、信用もしない。

理由は簡単。靖国神社に対する彼の姿勢が、
まるで信用に値しないからだ。

彼が首相になる前に、何と言っていたか。

小泉首相が就任以来、続けてきた靖国神社参拝は、
誰が次の首相になっても受け継がなくてはならない、
と強調していた。

にもかかわらず、当の本人が首相になっても、
参拝しなかった。

こんな人物を誰が信用できるか。

あとから色々言い訳しても、よけいみっともないだけだ。

先の自民党総裁選の時には、
首相在任中に参拝しなかったことを「痛恨の極み」とまで表現した。

何をいまさらだが、
総裁になって靖国神社の秋季例大祭にあわせて参拝した際は、
「首相になったら参拝するかしないかは申し上げない方がいい」
と早くも逃げをうった。

こうした不様なブレは、
彼が靖国神社への参拝について、
功利打算で判断しようとしていることを、
はしなくも暴露している。

選挙に有利に働くかどうか、
内外への印象が良くなるかどうか等々。

だが靖国神社は、たった1つしかない命を、
祖国のために捧げた方々の御霊を祀る聖地だ。

その英霊への参拝は、首相の崇高な義務である。

ソロバンをはじいて、行くか行かないかを決めてよい事柄では、
全くない。

もちろん、政治家は一切、
打算で動いてはならない、
なんてことは爪の先ほども考えてはいない。

そうではなくて、
政治家は99パーセント功利打算で動いていても、
一方では、損得勘定を越えた聖域が厳然として存在することを、
知らなくてはならない、
と言いたいのだ。

靖国神社は、まさにその最たるものと言えよう。

靖国神社を巡り、ソロバンをはじこうとする政治家に、
期待するわけにはいかない。
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ