ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2012.11.28 05:06お知らせ

小林よしのりライジング、今回もコメント殺到!

小林よしのりライジング
Vol.15配信中!!
2本立て『ゴーマニズム宣言』の1本
「『ボツ』が大手を振って進軍している」
は問題作というか、
よしりん先生の本領というか、
読者の資質にまで切り込む話なので、
さすがに今回は読者コメントも激減かな
と思っていたのですが、なんと一晩で
30件超のコメントが殺到!
読者の皆さんの熱心さに
頭が下がります。
ごく一部ですが、
ここでご紹介しましょう!


確かにネットというものに慣れている人たちにとってはコメントなどは
「書いたら載るのが当たり前」だと思ってしまっていたかもしれません。
本来はラジオやテレビなどの投稿でも採用されるのは
ごく僅かでほとんどがボツ、これが当たり前なんですよね。

そもそもネットでのコメント欄に書く読者の意見等なんてものは
本当に小さなものだと思います。それを大きな意見だと勘違いして
自分を過大評価している人達がネトウヨ、
そしてそのネトウヨを大きな支持者だと勘違いしているのが安倍晋三。
今回自民党が党首会談をニコニコ動画でやりたい(?!)
なんて言い出すとは
・・・完全にどうかしていると思います。

私は少なくとも「小林よしのりチャンネル」や「ゴー宣道場チャンネル」
が無ければニコニコ動画には触れなかったし、
おそらく違う理由で触れることはなかったと思います。
私の周りでもニコニコ動画をやっている人はかなり少数です。

言い方は悪いかもしれませんがこのような「世の中と隔離された小空間」
の中で総理大臣にもなろうという人が重要な会談をやろうと
しているのは完全に異常です、怖いです。
総理候補がネトウヨという「ただの声の大きい者」に頼ろうとしている
・・・気持ち悪っ!

(ただニコニコ動画はやってみたら面白いツールだとは思いましたが)

どこの党を支持したいかはまだわかりませんが
自民党だけは絶対NO!です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ゴー宣TPP論では、特にホシュ言論人がTPP賛成になる理由が
明快に
示されていてスッキリしました。自称保守は米定憲法前文を信奉する
平和ボケだから、
「日本を愛してくださる米国様の公正と信義に信頼し」、
中韓には強く出られても米国主導のTPPには無条件に
賛成しているわけですね。しかしTPPには公平・公正(?)な自由貿易を
達成するための24分野における構造改革要求が含まれており、
日本の国柄を米国のそれに近づけることで米国企業が日本国内で
ビジネスしやすくするためのものです。

 一例を挙げると、「政府調達分野」では国や自治体の公共事業を
外国企業が
受注できる上限金額が大幅に下げられ、些細な事業にも
外国企業が参入できる
ようになります。また入札の文書も英語になれば
中小建設企業は対応できずに
潰れていきます。
つまり安倍自民党の主張する国土強靭化も東北の復興事業も
米国企業のやっつけ仕事でなされるため強靭化どころか弱体化となり、
公共投資による雇用回復や景気浮揚の効果も当然望めません。

 経済自由主義イデオロギーであるレッセフェール(自由放任主義)を
達成するためには
多国間で無理に無理を重ねなければならず、
結局強い国が弱い国に不平等条約を押し付けてその国柄を破壊しながら、
強い国の企業が自由となった弱い国の沃野を貪っていくわけです。
大国に本拠を置く多国籍企業がその政府を動かして
「グローバルスタンダード」を押し付ける、これが「神の見えざる手」の
正体でしょう。

 さて、ネット言論世界における「神の見えざる手」とは、声の大きい
(大量書き込みできる)暇人の意見が忙しい生活者の意見を圧殺した
末に達成される
不毛な状態だと思います。だから主催者によるボツは
絶対になければならないと思うわけです。



今回、どういうわけだか(笑)、
「長文ですみません」と
付け加える人が多いのですが、
長文が必ずダメというわけじゃないですよー。

あくまでも大切なのは内容です。

引き続きご感想、
お待ちしています!
トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ